Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

*

KDP税に関するインタビューの入力方法(最新版)

      2017/12/25

アマゾンKDPの税に関する情報の登録方法(最新版)をご案内させていただきます。(※なぜ、最新版なのかと言うと、2014年の年末頃に、AmazonKDPの管理画面の仕様変更があったためです。)

旧バージョンについては、こちらの記事でご確認いただけます。※ご参考:これまでの税インタビュー入力方法はこちら

アマゾンKDPの管理画面構成は変更される場合がございますので、その都度、内容をご確認のうえ、ご入力いただければと思います。ただし、ご入力項目については、基本的には変わりませんので、本ページをご参考のうえ、ご入力いただければと思います。
Amazonへの出版申請には、税に関する情報の登録が必要となりますので、KDPシステムにログインし、税に関する情報の登録をお願い致します。

アマゾンKDPへログイン・アカウント画面へ

1)以下のサイトにアクセスして、KDPシステムへログインします

▼アマゾンKDP
https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/signin

KDPログイン画面

≪ログイン時に『確認が必要です。』と表示された場合≫

確認コード画面

  1. 『確認が必要です。』と表示された場合、画面中央の『コードの送信』をクリックします。
  2. 『コードの送信』をクリック後に、アマゾンから“お客様のAmazon確認コード”というメールが届いていると思いますので、メールに届いた6桁番号をコピーし、その6桁の番号を入力してログインしていただきます。

※もし、アマゾンから“お客様のAmazon確認コード”というメールが届かない場合は、別途、ご連絡いただければと思います。(また、念のため、迷惑メールフォルダのご確認もお願い致します。)

2)続いて、アカウント情報を入力し、サインインします

サインイン画面

3)サインインできたら、画面右上のアカウント情報、もしくは、今すぐ更新をクリックします

アカウント画面へ

4)アカウント画面をスクロールして、税に関する情報の「税に関する情報を登録する」をクリックします

税に関する入力ボタン

すると、税に関する入力画面に遷移します。

※以下より、一般的な個人の方の登録例をサンプルとしてご紹介します。(実際の登録時には、インタビュー画面の設問をよくお読みになってご自身に当てはまるものをご入力ください。前述したとおり、画面構成は変更される可能性がございますが、入力項目は基本的には同じです。)

税に関するインタビュー画面遷移(サンプル)

1)『米国の税制上、あなたは米国人ですか。』の質問にて“いいえ”を選択します

入力画面サンプル

※旧画面の場合:
米国人かどうかの確認

2)続いて、『受益者の種類』を選択、居住国、フルネーム(ローマ字)を入力します

3)『仲介者として行動する代理人ですか』にていいえをクリックします

受益者情報の入力

※フルネームに関しましては、ローマ字入力にて実施します。(漢字やひらがな、カタカナは使用できません。)

4)住所情報を全てローマ字(英数字)で入力します

住所の入力

※こちらの入力も漢字やひらがなは利用できません。

5)郵送先住所を入力し、米国人テストの項目を確認します

郵送先の選択

※定住所と同じ場合は、『定住所と同一』をクリックします。

6)TINに関する項目『米国のTINまたは外国(米国以外)の納税者識別番号を持っていない』をクリックします。

TINの有無の入力

※後に、Taxpayer Identification Number(TIN)をご取得された場合は、こちらの税のインタビュー画面を再度入力することで、いつでも情報を更新できます。

7)制作されたフォーム(W-8BEN)を確認し、『保存して続行』をクリックします。

W-8BENの確認

8)続いて、電子版の1042-Sフォームの「私の税務情報報告書を電子的に入手することに同意します」をクリック、電子署名の「私の電子署名を提供することに同意します」をクリックします。

電子署名を選択

※こちらの電子署名に同意されない場合は、アマゾンとの認証プロセスにお時間がかかり、その作業が完了するまで電子書籍のご出版ができませんのでご注意ください。

9)電子署名の内容をお読みになり、すべてチェックします

チェック項目

10)最後に氏名をローマ字にて入力、アマゾンアカウントのメールアドレス、地位または資格の項目を『個人』にて選択し、『提出』ボタンをクリックします。

シグニチャ

※氏名はローマ字にてご入力ください。(漢字、ひらがなは利用できません。)
※また、メールアドレスは、アマゾンアカウントにログインしたメールアドレスをご入力ください。

以上で、税金に関するインタビューは終了です。

※こちらの入力内容は、あくまでもサンプルとなりますので、入力内容や選択項目は、設問をご確認のうえ、ご自身に当てはまる内容にて実施していただければと思います。また、税に関するインタビューについては、こちらのページもご参考にしていただければと思います。

 - サポート


出版実績、お客様の声掲載数No.1の電子書籍出版サービス

らくらく電子書籍出版代行サービス

  関連記事

プレビューアーを起動
Kindle書籍のプレビュー方法

ここでは、Kindle書籍のプレビュー方法についてご紹介します。 1)下記のUR …

表の画像
電子書籍に表(TABLEタグ)が使えるか検証してみました

KDPのシステムって、かなりよくできているシステムなんです。 (たとえば、EPU …

税金免除についての画像
KDP米国の源泉徴収の免除についてご案内:※ほとんどの場合、免税処理は必要なくなりました。

ご案内(重要):ほとんどの場合、免税処理は必要なくなりました。 アマゾンでの免税 …

書籍紹介用カードサンプル
特典として書籍紹介用カードをご用意させていただきました

電子書籍は、閲覧端末が増えたため、専用端末だけだった頃とは異なり、より多くの方に …

1ページ当たりのロイヤリティはいくら?
【KDP情報】毎月更新!1ページ当たりのロイヤリティ推移のご案内

Kindle Unlimited制度が始まったため、1ページ当たりのロイヤリティ …

muryou_top
Kindle本を3日間の無料キャンペーンにて、1000冊以上配布した方法

「せっかく、精魂込めて作った本を無料で配るなんてできない。」 そう考える著者の方 …

よくあるご質問一門一答についての画像
KDPに関してよくあるご質問:一問一答集(全13問)

KDPシステムってわかりにくいことが多いですよね。 KDPセレクト?ロイヤリティ …

image.png
無料で登録不要!校正チェックツール4選のご紹介

電子書籍を作るうえで、文章の誤字脱字などを見つける校正作業は、大切な作業です。 …

image_thumb.png
アマゾン著者ページにフォローボタンが実装されるっぽい

これまで、著者ページの活用方法についてはいろいろと書いてきましたが、本日、ふと、 …

no image
KDPセレクトにて無料キャンペーンを実施する

このページでは、Amazon KDPセレクトの無料キャンペーンの設定方法をご紹介 …