安倍首相も平知盛の子孫? ご購入はこちら 奇譚「奇妙夢」
森友は知盛だった!?ルーツを探す旅が始まる 本の概要・紹介文

森友徳盛が大叔父の大鶴老師に呼び出されて、京都六波羅の大領寺の奇妙庵に出掛けたのは、二〇〇〇年十二月の年の瀬も押し詰まったクリスマスイブも近い二十三日だった。そこで、老師から思いがけない話を聞かされ、一枚の古絵図を見せられ森友家に伝わる伝承を聞かされる。
伝承は、知盛を反対に読めば「もりとも(森友)」となる。即ち、森友家の先祖を辿れば、知盛に辿り着くとあった。
また、その古絵図は、森友家の先祖の村と、平知盛の墓、天叢雲剣を埋めた所在を示す絵図であった
平知盛は、平家物語では、壇ノ浦で碇を背負って入水したと伝えられているが、実は乳兄弟とも影武者とも言われる豪傑の服部家長によって助け出された。
知盛は壇ノ浦で入水の際に、腰に三種の神器の一つの『天叢雲剣』を差していた。
服部家長によって助け出された知盛は、博多へと逃れ、予てから平家と交易のあった南宋の交易船で、南宋の寧波へと脱出する。
知盛は南宋の地において、浙江省台州に住み、密かに帯同した功子内親王を娶り、賈知盛と名乗理、平家再興を図る。
賈知盛の孫が有名な賈似道で、賈似道の姉が南宋の皇帝理宗の寵妃となり、その間に周漢国公主を産む。
賈似道は、開慶元年に南宋に侵攻してきたモンゴルのクビライの軍勢を鄂州で撃破した功績により、宰相にまで出世した。ただし、このとき賈似道が大勝することができたのは、モンゴル側で皇帝のモンケが死去したために退却せざるを得なくなったことが、大きな原因だ。
この戦いでは賈似道はクビライに天叢雲剣を見せて、自分は日本の天皇家に連なる平家の頭領一門であり、この剣を持つ者こそが、日本国を統治する天皇の印であると告げ、若しクビライがここで退いてくれれば、クビライがモンゴル皇帝になった暁には、クビライに協力して日本国を攻めて、賈似道の平家一族が現在の源氏の鎌倉政権に代わり政権を得て、モンゴル帝国に朝貢すると密約する。
新皇帝となったクビライが最も恐れたのは、東の日本と南の南宋とにより、挟撃されることであった。
モンゴル改め『元』王朝皇帝となったクビライは、「蕪湖の戦い」で捕虜にした賈似道の女婿范文虎に日本侵略を命じる。賈似道は暗殺されたが、范文虎は彼の意向を継ぎ、その息子の賈知道一行を帯同して、日本遠征に向かうが、博多湾で台風に会い殆どの勢力を失い逃げ帰り、その罪で罰せられて殺される。
近くの島に避難して、命を助かった賈知道一行は、平家の子孫が多く住むと言う阿波の国の祖谷渓の山中深くに分け入り、そこに持参した平知盛の遺骨を埋めて墓とし、その傍らに天叢雲剣を埋葬し、その在処を書いた絵図を作り、これを子孫に伝える。
その絵図こそが、老師が徳盛に見せた古絵図だった。
老師は、この絵図を元にして知盛の墓と天叢雲剣を探して欲しいと徳盛に頼む。
徳盛がその夜、奇妙庵に泊まると、平知盛の霊が夢枕に現れ、老師と同じ頼みをする。
大鶴老師は、二〇〇五年に百五歳で遷化されたが、徳盛は老師が遷化された後も、長老の意志を継いで、息子清志の協力を得て、中国にまで渡り、祖谷に行き、愛知県の弥富に足を運んで、やっと知盛の墓と天叢雲剣の行方を探し出す。
また、調査の中で、安倍首相も平知盛の子孫であることを発見する。

書籍冒頭のご紹介

(主な登場人物)


・ 森友徳盛:本編の主人公。『平知盛』の子孫。伯父の森友大鶴老師より、森友家に伝わる古絵図を渡されて伝承を聞き、『平知盛の遺灰の壺』と『天叢雲剣』の探索を命じられる。四星重工の取締役部長で後に会長。

・ 森友美子:徳盛の妻。

・ 森友清志:徳盛の長男。東京外語を卒業後、中国上海の『上海交通大学大学院』に留学した修士。大手カジュアル会社『ユニミクス』の中国総支配人。徳盛に協力して森友家のルーツを探す。

・ 森友大鶴:京都『大領寺』の管長。百五歳の長命を得て遷化(高僧が死亡すること)。なお、大領寺とは、今は無いが平家の六波羅邸の中に在ったと伝えられる『法領寺』に因んで、筆者が勝手に作り上げた架空の寺院。従って、大鶴老師も勿論架空の人物。

・ 平知盛:: 平家の公達。平清盛の四男。壇ノ浦で入水するも生き長らえて南宋に渡り平家再興を図るが、志を遂げることが出来ず、『賈知盛』と名を改めて、志を子孫に託す。

・ 服部家長:平知盛の乳母子。壇ノ浦で知盛と共に入水するが、知盛を助け出して南宋に逃し、自分は本貫の伊賀の里で忍者の祖となり、平家再興を図る。服部半蔵は家長の子孫。

・ 功子内親王:高倉天皇の第一皇女。史書には『伊勢斎宮』となる筈が、母の死去によって『群行せず四歳で退下』とあり、その後は消息不明。実は、知盛が密かに側室として、南宋に同行する。天叢雲剣を持つ。

・ 賈渉:::賈知盛(平知盛)の養子。南宋の宰相『賈似道』の父で実在の人物。賈知盛と功子内親王の子供『愛鈴』と結婚して義父知盛の平家再興の志を継ぐも、大敵『金』との戦いに終始して果たせず、志を子供の賈似道とその姉で南宋皇帝理宗の寵妃『賈貴妃(周漢国公主の母)』に託す。

・ 賈偉:::賈渉の父。賈似道の祖父。南宋紹興の二七年(一一五七年)の進士。実在の人物。この小説では、平清盛の南宋貿易の相手の豪商として登場。

・ 賈似道::南宋末期の軍人で政治家。有名な歴史上の人物。『元』の『忽必烈』の軍勢を鄂州(武昌)で撃破した功績により、宰相にまで出世するも、その独裁政治を嫌われ、『宋の四悪人』の一人として数えられるほどに後世の評判が悪い。知盛の平家再興の志を女婿の『范文虎』に託して、忽必烈と日本鎌倉政権打倒の密約を結ぶ。

・ 忽必烈::モンゴル帝国第五代皇帝。鄂州の戦いの最中に第四代皇帝『モンケ』の急死があり、皇帝選出のクリルタイを急遽開催するために、敵将賈似道と密約を結んで退却して皇帝となる。この、密約の際に、賈似道より平家再興の話を聞き、これが後の元寇の一因になる。

・ 范文虎:: 賈似道の女婿。南宋の軍人で政治家。後にモンゴルに投降し、今度は南宋を攻め滅ぼすのに功績が有った。この小説の中では、義父賈似道の意志を汲んで、弘安四年(一二八一年)の『弘安の役』に江南軍司令官として参加する際に、賈似道の子息『賈知道(平知道)』を同行して、『宗盛明』の援助で日本に上陸させる。後に、弘安の役敗戦の責めを受けて処刑される。

・ 宗盛明::対馬の地頭代で通称『右馬太郎』。平知盛の三男の『平知宗』の子孫で、平氏一門。賈知道から逸早く蒙古襲来の知らせを受けて、『文永の役』で元に殺された父『宗助国』の敵を討たんとして準備をし、弘安の役では敵将二名を殺害して、元軍を撃退する。

・ 賈知道::賈似道の子息。『弘安の役』で范文虎の援助で来日して、四国の祖谷に行き森友村を作り、知盛の墓を作り天叢雲剣を埋めた塚を作る。

・ 森友知久:主人公徳盛の父。徳盛が東京大学在学中にガンで亡くなるが、死ぬ二ヶ月前に、若き日の夏休み旅行で、四国の祖谷の女性ミキと理無い仲になり、祖谷に徳盛の異母姉が居ることを告げる。

・ 服部ミキ:祖谷の平家の隠れ里の娘。服部家長の子孫の四代『服部半蔵正重』の子孫。知久の子を産む。

・ 大沢知子:知久とミキの間に生まれた徳盛の異母姉。

・ 井辺健一:四星重工の社員。東大法学部を卒業後、『ハーバード大学』に留学し、『ジョイント・プログラム』を選択してビジネス・スクールとロー・スクールを出た。日本では在学中に司法官試験に合格した超秀才。知久の大学中の親友井辺の長男。徳盛と清志に協力して森友家のルーツ探しに協力する。

・ 豊川相談役:四星重工の元会長。井辺健一の親類で、健一を徳盛に紹介する。四星財閥の重鎮。

・ 後藤田康夫:徳盛の父知久の慶応大学時代の学友。徳島県の名家の子息。知久と学友井辺明彦を夏休みに、平家の隠れ里に誘う。そこで、知久とミキを引き合わせる。知久と明彦には、相手の女性に子供が生まれても再び祖谷を訪問することを厳しく禁じる。

・ 井辺明彦:徳盛の父知久の慶応大学時代の学友。祖谷で親しくなったウメに子供が生まれたのを知ると、大学を中退し、後藤田の反対を押し切って、ウメと結婚し、徳島で事業を興し成功する。

・ 井辺ウメ:井辺明彦の妻。後に改名して梅子。

・ 井辺誠::井辺健一の父。徳島の実業家で資産家。井辺明彦の長男。

・ 田口:::祖谷へ徳盛達を案内するタクシー運転手。

・ 服部老人:愛知県弥富の荷之上の里の古民家に住む謎の老人。徳盛達に、天叢雲剣や知盛の骨壷の行方を告げる。

第一章 モリトモ(森友)はトモモリ(知盛)だった!

大鶴老師の意外な話と、壇ノ浦へのタイム・スリップ


 森友徳盛が、京都六波羅近くの『大領寺』の管長の大叔父『大鶴老師』の呼び出しを受けたのは、二〇〇〇年十二月の時雨る年の瀬のことだった。

 大領寺へ来る道すがら、タクシーの窓から見える暮れなずむ雨に濡れた京の街は、クリスマスの飾りで華やかだったが、六波羅が近くともなると、師走の落ち着いた寺町の雰囲気に一変したのは、さすがに千年の古都だと徳盛は感心した。

 

 大鶴老師はこの前月に齢百歳となられ、宗門は勿論のこと、各界の著名人からも盛大に百寿の祝いを受けられたばかりであった。

 大鶴老師について述べれば、老師は政財界の首脳のご意見番のような立場にあり、彼の大家電メーカー杉下電機の創業者であり、経営の神様と称される『杉下幸一郎』氏も、人生の岐路や事業の危機の際には、同師の教えを請われたといわれ、同師の助言で政界に幾多の人材を排出している『杉下政経塾』を創設されたと噂されているほどの高僧である。

 

 老師は、山内に同師が復興して庵主となっておられる『奇妙庵(きみょうあん)』の居間での早めの夕餉を徳盛と共にした後で、老師好みの「向切の炉」のある茶室に移って、徳盛が改めて百寿の祝いを述べる言葉を嬉しそうに聞きながらも、その目は何時もの慈愛に満ちた穏やかさとは異なり、徳盛がこれまでに見たこともないような厳しさであり、これも何時もとは違った厳かな声で‥‥、

「暮れのお前も何かと忙しいときに、遠いところを寒い師走の京都に呼び出して相済まぬ。

 それに、先日のわしの『百寿の祝』の宴にも駆けつけてくれた礼を未だ言ってなかったので、それもあるが、実は、わしが今日お前を呼び出したのには別に深い訳があるのじゃ。

 お前も知っての通り、森友本家を継ぐ男子が、今ではお前とお前の一人息子の清志だけになってしもうた。お前の祖父の『盛久』は、わし達森友家の三男で、実はわしがこれから話す話を知らずに悲運にも若くして死んでしもうたので、お前の父の『知久』はこの話を当然知らない。

 その上に、わしの兄の長男『清重』も若死して子供が無く、次男のわしも僧籍に入ったので無論子供はない。それで、今では本家森友を継ぐ者は、お前と『清志』だけなのじゃ。

 実は、これから話す話は、兄の清重が亡くなった後で、父『清治』より森友家に伝わる伝承をわしに密かに伝えられたが、わしはこの伝承は畏くも天皇家の権威にも関わることなので、これを秘して墓場まで持って行こうと思うておった。

 ところがじゃ、最近になって或る不思議な出来事がわしの身辺に起こり、それに百寿を迎えて改めて考え直してみると、この伝承は、是非にもお前に話しておかなければならないと考えるようになったのじゃ‥‥」

 大鶴老師は徳盛に、思いもかけないことを話し始めた。

・・・

著者紹介
山本肇

1936年生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。
三菱重工業㈱を経て独立。中国、香港、台湾、韓国、米国などで事業を展開する。病を得て引退後17年間オーストラリアで暮らし2014年に帰国する。

ビジネス書に「日本経済をチャイルド・ショックが襲う」「少子亡国論」などの他、近著に「新少子亡国論」「九尾の狐と楊貴妃と吉備真備の称徳天皇暗殺秘録」「尖閣諸島沖大会戦」「小説『徐福の千夜一夜物語』」他がある。

「アンディ 大和」の筆名で、小説「南十字星の夢」「ゴールド・コースト連続殺人事件」他。

目次

(主な登場人物)
第一章 モリトモ(森友)はトモモリ(知盛)だった!
第二章 大鶴老師が徳盛に夢の解説をする
第三章 徳盛が知盛となり、平安の美女と会う
第四章 南宋に住まう知盛と徳盛が一体になった!
第五章 京の花見の後の怪異現象
第六章 息子清志に事の次第を明かして台州市へ赴く
第七章 清志の夢『忽必來と賈似道の密約』とは?
第八章 先祖の賈似道は大悪人か? はたまた大政治家か?
第九章 『元寇』は、平家の怨念によって引き起こされた!?
第十章 徳盛の父知久の四国祖谷での青春談
第十一章 徳盛がルーツ探しを決心する
第十二章 徳盛一行がいよいよ祖谷へ出発する
第十三章 徳盛が異母姉知子に巡り会い古絵図を渡される
第十四章 遂に、天叢雲剣と知盛の墓を発見か?
第十五章 大鶴老師の依頼の件が遂に解決する
『エピローグ』
奇妙庵の夢の謎も解けて、そして何と、驚いたことに!
安倍晋三首相も、平知盛の子孫だった!

今すぐサンプルを見る Amazonサイトで確認する アマゾンで書籍を購入する
この書籍のAmazonでのレビュー


関連図書
この書籍をお友達に紹介する

Twitterでシェアする Facebookでシェアする

このページにコメントする

書籍のご感想や著者へのご質問など何でもご自由にご記載ください。
(コメントの投稿にはFacebookへのログインが必要となります。)