二股をかけられた女子高生はゲス彼氏に損害賠償請求できるのか ご購入はこちら 女と男の法律学
結婚前の「つきあう」という段階は法的にどういうことなのか このようなご質問について、法律的解決策をご紹介します。

Q1 なな子の相談1

私の彼氏は束縛がものすごくて、毎日の予定どころか、分単位で行動をLINEで報告させられて超ウザイです。先日、友達とカラオケに行ったのですが、メンバーに男の子がいることを事前に言い忘れてて、めちゃくちゃ怒られました。その時に、こんな契約書にサインさせられてしまったのですが、これって守らないとダメですか?もうはっきり言って限界なので別れたいです。

Q2 なな子の相談2

私にはあんな契約書を書かせておいて(先生のアドバイスとおり無視していますが)、彼氏ったら、私の友達とボウリングデートしてたんですよお。ひどいと思いません?もう激おこぷんぷん丸です!センセー、ソンガイバイショーとか請求できませんか?100万くらい。

Q3 なな子の相談3

先生、聴いてください!

 もう無理だから彼氏に別れると言ったんです。そしたら、今までおごってあげた分全額耳揃えて返せって!しかも、デートした日付け、食べた食べ物、映画、買ったもの、遊園地にカラオケも、全部レシート取ってあって!それ見せながら、138万2576円(消費税込み)払わないなら親にも請求するし警察にも行くって言ってるの!社会人のくせに、せこ過ぎる。もう超きもいんだけどー。ああもう男性不信になったわ。先生、これ払わないとダメなの?前の、「コウジョリョウゾク」何チャラで何とかして!

就職と結婚は、人生の2大重要テーマではないでしょうか。

就職については、先にブラック企業と闘う電子書籍シリーズを上梓しました。

今度は、結婚を含む「女と男」の問題について、現代人に必須の法律知識を皆様に提供したいと思います。

「女と男の法律学1」新シリーズ最初となる本書のタイトルを、私は「二股をかけられた女子高生はゲス彼氏に損害賠償請求できるのか 女と男の法律学1」としました。

2016年のニュースは、不倫に始まり不倫に終わった印象があります。

近時の日本の世論は何事にも厳罰を求める傾向となっており、ベッキーさんが一時一切のマスメディアに登場できなくなったことは記憶に新しい。

一般に、何となく世間では不倫はいけないことだとされているが、しかし現実には一方で、不倫は古今東西多くの小説・芝居・テレビドラマ・流行歌等のテーマとして、ある種の憧れをもって描かれているようにも思える。

なぜ不倫はいけないのか。奥さんが傷つくからという、道徳的な理由だけなのか。それとも何か法に触れる行為なのか。ゲス不倫によって、誰にどのような法的責任が生じるのか。これだけ不倫が横行して世間で騒がれたにもかかわらず、実はちゃんと説明できる人は意外と少ないと思います。これが日本の現実なのです。国家もマスコミも、法律のことを国民に教える気がまったくありません。

前に私は、法律知識が命を守ると書きました。このことは、テーマがブラック企業であれ男女問題であれ、まったく同じように当てはまります。

そもそも、男女が「つきあう」とは。そして結婚とは。不倫とは。法的にどのような意味があるのでしょうか。世の中のほとんどの方は、こういうことを知らされないままにおつきあいをし、そして結婚をし、その中の一部の方は不倫をしてしまいます。危険極まりないことです。

ブラック企業は、入社してブラック企業だとわかれば、辞めてしまえばいいだけかもしれません。しかし結婚は、試しにやってみて失敗したからやめればいい、と簡単にはいきません。先に、就職と結婚が人生の2大重要テーマだと言いましたが、より失敗時のリスクが大きいのは間違いなく結婚のほうです。

また、男女間において現実に起きている法的紛争としては、離婚・不倫・婚約の不当破棄・結婚詐欺・デート商法・美人局・愛人契約・セクハラ・貞操侵害・認知・DV・ストーカー・強姦・強制わいせつ・保険金殺人…と非常に多種多様な類型があります。

これらの主だったものについても、本シリーズの中で触れていきたいと考えています。

人生の一大事、男女問題で失敗しないために、本シリーズで法律知識を身につけてください!

ブラック企業では、私は徹底的に労働者の立場に立って記述しました。しかし当シリーズにおいては、不倫をしてしまった側にも立って、どのように法的責任を取ればいいのか、裁判でどういう主張が可能か、そういうことも説明していきます。

本書では、結婚前の「つきあう」という段階は法的にどういうことなのか、について考察していきます。
ぜひご購入いただき、本書をお楽しみください。

目次

第0章 はじめに

第1章 彼氏の拘束力
 1 契約自由の原則と例外
 2 安易に書類にサインしちゃ…ダメ、絶対!
 3 関連する話題

第2章 「つきあう」って何だ?
 1 損害賠償請求について
 2 なな子への当てはめ
 3 ちなみに 未成年者への損害賠償請求

第3章 別れの際に…
 1 リベンジ請求?
 2 司法書士は告訴・告発状も書けます!

著者紹介 栗原庸介の著者プロフィール
今すぐサンプルを見る Amazonサイトで確認する アマゾンで書籍を購入する
この書籍のAmazonでのレビュー



本書のシリーズ本
関連図書
この書籍をお友達に紹介する

Twitterでシェアする Facebookでシェアする

このページにコメントする

書籍のご感想や著者へのご質問など何でもご自由にご記載ください。
(コメントの投稿にはFacebookへのログインが必要となります。)