不可能を可能にする民事信託 新しい相続・後見への誘い  ご購入はこちら 新しい相続・後見への誘い
私は、現在の成年後見制度は非常に問題があると考えています。 あなたの職場で、こんなことはありませんか?
チェックポイント

上記は、成年後見や相続等(以下、本シリーズではまとめて「終活」と表現します)の悩み相談でよく出るものです。

しかし、民法の枠組みですと解決の難しいものも含まれます。

そこで従前の法律家は、「無理ですね」と回答せざるを得ませんでした。

しかし!

「家族信託」あるいは「民事信託」 という言葉はお聞きになったことがありますでしょうか。

この「信託」の仕組みを使えば、上記のお悩みを解決できるかもしれません

※「家族信託」と「民事信託」はほぼ同義語だとお考えください。(商事信託の対義語に当たります。)「家族信託」は登録商標らしいので、以下は法律的に正式な用語である「民事信託」という語を本シリーズでは用いていきます。

書籍冒頭のご紹介

平成18年に信託法が改正されて、翌19年に施行されました。

 

あれから約10年。

 

司法書士は、かなり早くから民事信託に注目し研究を重ねてきた職能集団ですが、まだまだ道半ばというところです。

 

終活シリーズ第1弾となる本書では、従来の相続や後見の問題点を検討し、民法の枠組みで解決の難しい事例と、信託法の活用でいかにその事例を解決できるかについて具体的に見ていきたいと思います。

 

本書を読んで、終活に積極的に取り組まれる方が一人でも増えれば存外の喜びです。

 

※私の立場は、成年後見制度自体を完全否定するものではございません。 それは、本書をお読みいただければよくご理解いただけると思います。

※財産管理は司法書士法29条、及び同施行規則31条に規定された司法書士業務です。

目次

第0章 はじめに

第1章 利用の増えない成年後見制度
 1 財産が凍結されてしまう?
 2 そもそも危険な制度である?
   ★コラム 司法書士の懲戒件数は?
 3 本当は必要な成年後見制度
 4 信託と成年後見を組み合わせた「超後見」の実現へ!
   ★コラム 当の家庭裁判所が成年後見制度の利用増加を望んでいない!

第2章 利用の増えない遺言制度
 1 日本は遺言後進国
 2 相続争いを防ぐには?
 3 遺留分の規定は憲法違反だ?
 4 民事信託で民法規定による遺言・相続の限界を超える!
   ★コラム 遺留分逃れはいけないことなのか

第3章 民事信託の威力その1 「ペットのための信託」
 1 ペットに遺産を相続できるか
 2 司法書士くりりんの回答

第4章 民事信託の威力その2 「障害者等のための信託」
 1 いわゆる親亡き後問題
 2 司法書士くりりんの回答

第5章 民事信託の威力その3 「実家売却のための信託」
 1 認知症になる前に
 2 司法書士くりりんの回答

第6章 最後に 信託のポイント
 1 信頼できる受託者を見つけよう!
 2 元気なうち、判断能力があるうちに手を打とう!
 3 信託は目的が大切
 4 想像力と創造力

著者紹介 栗原庸介の著者プロフィール
今すぐサンプルを見る Amazonサイトで確認する アマゾンで書籍を購入する
この書籍のAmazonでのレビュー



本書のシリーズ本
関連図書
この書籍をお友達に紹介する

Twitterでシェアする Facebookでシェアする

このページにコメントする

書籍のご感想や著者へのご質問など何でもご自由にご記載ください。
(コメントの投稿にはFacebookへのログインが必要となります。)