サービスコンセプトのご紹介

はじめての出版

私がはじめて電子書籍を出版したときのことは、今でもよく覚えています。

新卒で入社してから6年間勤めていた会社を、勇気を出して辞め、私が独立したてのころ、まず初めにやったことが、電子書籍の出版でした

『なるべくいい成績をとって、なるべくいい大学に入って、なるべく大きな会社に入る』

という、ごく普通の人生を歩んできた私が、生まれて初めて“安定というレール”から飛び降り、収入もほとんど無くなり、不安だらけの毎日を過ごしていたころ、偶然出会ったのが、アマゾンKindle本の出版でした。


「あっ、これは面白いかも!やってみたい!」

そう思い、電子書籍の仕組みやフォーマットをゼロから学び、本の構成を考え、実際に原稿を書き、表紙デザインを考え、アマゾンKDPのシステムを熟知して、最初の本がアマゾンサイトで出版されました。

普段から使っているアマゾンサイトで、自分の書いた本が実際に販売されているのを見て、パソコン画面の前でガッツポーズをしたことをいまでも鮮明に覚えています


「うわ!ほんとに自分の本が出版できた!凄い!」

出版できたこと自体が非常に感動的だったのですが、のちに、自分の本が売れると、出版できたとき以上に、小躍りしたくなるほど、本当に嬉しかったです。

  • 「自分の本が出版されて、その本を多くの人に読んでもらえることは、何て素晴らしい体験なんだろう。」
  • 「この感動をもっと多くの方に味わってもらいたい!」

そう思って作ったのが、この『電子書籍出版代行サービス』なのです。


一人一冊出版する時代

本を出版することは、人生において、とてもワクワクする経験になります

また、自分の考えや思考を世の中に広める活動は、これからの時代、どんどん必要になる活動だと思います。

独立や起業をめざす方だけでなく、就職や転職活動においても、本を書いたことがある経験がある方は、周りの人よりも、一歩も二歩も優位な立場に立てる可能性が高いと思います。

これからの時代にますます必要となってくる“自己アピールやセルフプロモーション”の手段として、電子出版をお役立ていただければと思います。


私も、自分が味わった感動を少しでも多くの方に経験してもらえるように、全力で協力させていただきます。


電子書籍出版のススメはこちら



トップページへ戻る

Google+