小説 HOTEL CASINO ご購入はこちら (ホテルカジノ)
貴方はカジノ(ギャンブル、ばくち)に興味はありますか? 書籍のご紹介動画


本の概要・紹介文

アフターコロナ、withコロナ時代を見据え、現在、日本で検討されているIR(統合型リゾート)開発の根幹部分にもつながる歴史の片鱗を描きます。

貴方はカジノ(ギャンブル、ばくち)に興味はありますか?
一晩で1億円を稼ぎ、ブランデー片手に美女を侍らせる…!
一獲千金、濡れ手で粟・・・。 色と欲望の渦巻く世界!
「危ない」と分かっていても、ついのめり込んでしまう官能的な世界!
では、そのカジノホテルが建設される過程に興味はありますか?
これは日本、韓国、アメリカをまたにかけて行われたカジノホテル建設をめぐる国際的な経済交流の裏面史です。
物語は、ある日本人の実業家が、男なら一度は憧れる
「日本人初の世界的カジノホテルのオーナー!」という夢を描いたものです。
そしてその、物語の舞台は韓国済州島。この島が国際的一大リゾート地として現在の地位を築くために各国がどうかかわり、何が行われたか、その過程で、誰が儲けて誰が損したのか?想像を超える悲喜劇が繰り広げられました。
政財界の思惑、想定外の裏切り、ハニートラップの秘話などなど・・。
日・米・韓それぞれの国の歴史と「ご自分の人生」を紐解きながらお楽しみください。

アド勉ちゃん!P

書籍冒頭のご紹介

はじめに

「カジノ」とは、イタリア語の「家」を語源とする、ルーレットやブラックジャックなどのゲームで金銭を賭ける場所。
カジノは古今東西、色と欲望のシンボルであり、悲喜劇の舞台となってきた。
1980年代、当時の日本はバブル景気に沸き、韓国は1988ソウルオリンピック景気に突入しようとしていた。
両国では、日本・韓国の新しい経済交流の開始が云々され、それまで控え気味の民間企業の進出も拡大していく。
全国の大企業、中小企業が「鵜の目鷹の目」で競って国外へと進出し、国内優先からの転換の様相を呈していったのだ。
現在、大イベントに絡む韓国のカジノ振興の歴史をなぞるように、日本国内でも大阪の2度目の万博を控え、日本版IR(カジノ統合型リゾート)開発が検討されている。
カジノ(ギャンブル)に絡んでは、マカオのカジノで100億を溶かした国内大手製紙会社の2代目「ティッシュ王子」が耳目を集めるなど、観光産業振興やギャンブル依存症対策等に賛否両論が続いている状況だ。
功罪両面を含み、欲望をポーカーフェイスに隠しながら競う、終わることのない大人の社交場。
この物語は、80年代の2つの国の国策と私利私欲が混在した「秘密の園」を舞台に、カジノホテル建設に翻弄された人々をめぐる経済交流暗黒史の一段面である。


主な登場人物
越智和宣46歳 博多電話工事二代目社長。韓国でカジノホテルのオーナーを夢見る。
山崎雅彦53歳 長崎の設計会社創業社長。韓国政界、財界に広い人脈を持つ。
グレース・キム モデル、クラブコンパニオン。
金竜雲  KCIA対日情報局長、大統領側近。
マイク・ルビンスキー 駐韓米CIA員。特徴は常に沈着冷静。

目次
  1. はじめに
  2. 第一章 何気ない日常
  3. 第二章 チャンスは突然!
  4. 第三章 「カジノ」って!?
  5. 第四章 初めての夢が膨らむ!
  6. 第五章 「ミカン」は成功の果実?
  7. 第六章 運命のコンペティション開始!
  8. 第七章 企てる韓国の裏社会?
  9. 第八章 砂漠の中の不夜城
  10. 第九章 最新リース機器の配送先は?
  11. 第十章 喜びと憂いの起工式
  12. 第十一章 驚愕のFAX!
著者紹介
アド勉ちゃん!P

著者 アド勉ちゃん!P (PN)
1956年生まれ
大学卒業後、 ローカル局に入社。
報道部に所属し、警察、県政、市政、経済部等担当。
この間にアメリカ、ニューヨークで海外特派員研修に参加。
一時NYコロンビア大学で学ぶ。
その後、制作部に所属し 全国ネット、エリアネット、ローカル情報番組を担当。
海外研修を踏まえ「国内のデジタル化の進展」に関連する情報系特番を制作。
また、有名タレントが出演したエンタメ系大型特番も多数制作。
その他 女子プロゴルフ中継やJリーグ中継等スポーツ番組も担当。
受賞歴多数。
在職中、取材やプライベートで海外は欧州、北南米、東南アジアの20カ国以上、
国内は青森県以外の46都道府県を訪問。

今すぐサンプルを見る
Amazonサイトで確認する アマゾンで書籍を購入する
この書籍のレビュー



アド勉ちゃん!Pの関連図書
この書籍をお友達に紹介する

Twitterでシェアする Facebookでシェアする

このページにコメントする

書籍のご感想や著者へのご質問など何でもご自由にご記載ください。
(コメントの投稿にはFacebookへのログインが必要となります。)