龍空の伝 ご購入はこちら 生きることの意味を見出す物語
ファンタジー 書籍のご紹介動画


本の概要・紹介文

龍に導かれ前世を旅する少年が、国の歴史を紐解きながら、生きることの意味を見出す物語。ファンタジー。

舞台は、サーハルケン国。少年は様々な苦しみを抱え、生きる気力を無くしていた。

やがて少年はある出来事から身の危機を迎える。そこに現れた龍に導かれ前世を旅することになる。

2000年前、1000年前、500年前・・・そこには、凄絶な世で懸命に生きる自分、家族、知人がいた・・・

 

第一章

2000年前のハルケン国。代々の王は、猛獣ヒューイと、名を持たない奴隷の民ヌカを1対1で闘わせ、その様を民衆と見るという習わしを持っている。ある時、王宮で生まれてまもない王子が拉致される。

 

15年後ヌカとして育った王子は、コロシアムで猛獣ヒューイの前に立つ。

 

まれにヒューイを仕留めたヌカには家族を戻され、名を与えられるが、家族を戻されなかったヌカが、ヌカたちの積年の恨みを晴らすため王子をコロシアムに立たせたのだ。

 

大衆の前で若者が王子であると明かす老ヌカ。また母である王妃は、幼少時代奉公先で名をもらい成長して後ゴナ王に見染められた老ヌカの娘であった。それぞれが気づいた時、猛獣ヒューイはすでに放たれていた。

 

第二章

現代のサーハルケン国。ソンパト州に住むユシム。家に引きこもった父、働き手の母、そして兄と共に森の入り口近くにひっそりと暮らす12歳。父が飛び級により18歳で大学の教授になった頃の年上の教え子であるロインに入学後担任される。学生当時年下の教授クーラに見下された過去を忘れられないロインは、その息子であるユシムに冷たい視線を向け、やがてユシムは子どもたちからもいじめを受けるようになり登校できなくなる。

 

隣人のワルト氏はユシムに飼い犬ボスの散歩を依頼する。ボスはなかなか人に慣れない強く大きな犬だった。ボスとのなんとも奇妙な黒森の散歩によってユシムの足は鍛えられる。

 

ある時、同級生キラの家族が車で森を通りかかり、キラはユシムとボスの散歩を目にする。そしてユシムの足の速さに大きな衝撃を受ける。キラはすべてに秀で学校中の憧れの的であり、この国の大きな催し「少年繋ぎ走」の州代表となっていた。今年は森を走るアンカーとして期待されていた。

 

やがてユシムは身の危機を迎える・・・・

 

気づくとユシムの目の前に元気のない龍がいた。龍に前世への旅に誘われ、龍の口に飛び込んだユシムはまず2000年前の自分を目にする。

 

第三章

1000年前。国々は相争っていた。ソンパト国の最強騎士団の兵舎にユシムは飛んでいた。セナは騎士団の馬たちを世話している少女。祖父以外の家族を、幼児の頃隣国コーザ国に襲われ失っていた。祖父に連れられ兵舎に逃げこみそこで育った。やがて祖父も亡くなり、セナは馬たちと心通わせていた。

 

シキナギは最強の馬であり、セナの友であった。セナは少年兵士のシトから、テラ国という平和でなぜか戦乱に巻き込まれない小さな国があること、そこには先読みの母(カカ)なる導き手がいることを聞く。隣国の襲撃が迫り、馬たちへの愛情から戦いに行かせたくないセナは、先読みの母に会うことを決意、命を懸けたシトの助けとシキナギの力でセナはシキナギと共にテラ国へと向かう。

 

シキナギとの別れ。先読みのカカの元でセナは何を学ぶのか。

 

第四章

時代は500年前のコーザ国。王家の信任厚き家臣の家に双子の男児が生まれる。しかし17歳の長女を若き王に嫁がせたい主は、双子が、ひとりは目が見えずひとりは声を発しないことを知ると、召使いに大金を渡し双子を預け遠くへ追いやろうとする。長女ローナはそれに反発し、若き召使いヨナンと共に双子を連れ出しコーザ国を出る。

4人家族としてシーザ国の海辺の町に暮らす。ヌカの出であるヨナンは3人を守ることに徹する。

 

双子が8歳になると先読みの力を発揮し始める。4年後、その評判を聞きつけたコーザ国のタリメ王に招かれる。双子は、海から3年後に強大な国が攻めてくること、ハルケンの中で相争うのをやめ備えるよう伝える。また双子に、次々王子が亡くなるという悩みを見抜かれたタリメ王は・・・・

 

第五章

ユシムは、前世を訪ねるごとに金色になっていく龍からその秘密を解き明かされる。

現世に戻ったユシムは助け出される。やがて・・・

 

最終章

少年繋ぎ走が始まった・・・・・

書籍冒頭のご紹介

龍空の伝

一体ここはどこなのだろう。大地から天に向かって突き刺すように切り立った山の頂上付近、下界には人々の暮らしがあるような気配がするが、ここは人間を寄せ付けない、自然の厳しく清らかな気が満ち満ちていた。

かなり高いところでありながら木々がそびえたち、大きな岩と岩の間には低い灌木が道を作るように連なっていた。所々の岩肌にに大きな四足の生き物がいる。

身体全体が黒く引き締まり、四つの脚はしっかりと胴体を支えて力強い。ゆったりと首を回し周囲をうかがう動作は堂々として威厳があった。どんな異変も見逃さないかのようなまなざしは鋭い。不意に一頭が動くところをユシムは見た。

その動きは俊敏で、一瞬にしてもう一頭のところへ移っていた。銀色に光る目が怖いほどだった。

風貌はライオンに似ているが、毛並みはユシムの知る動物ではヒョウに近かった。

一頭がしきりにこちらを見ているような気がして、ユシムは思わず自分を見ようと下を向いたが何も見えない。

微動だにせずユシムに視線を合わせてくる。長いひげを蓄え口を結んでいるこの一頭は、ユシムに物問いたげにみえた。

この口が大きく開いたなら、人間のみならず大きな獣であってもひとたまりもないだろう。

ユシムは自分に言い聞かせた。

「そうだ、これは記憶なんだ、現実ではない、現実ではない・・・現実ならこんな高いところにやってこられるわけがない。」

「この生き物たちはどこかで見覚えがあるような、知っているような気がする。」ユシムは思った。

すーっと生き物たちが遠くなり、もう一つ山があるとするならその頂上から眺めているかのような遠景になった。

生き物たちは縦横無尽に険しい岩肌をあちらこちらと動き回っている。まるで羽が生えてでもいるように重厚な身体が軽く跳び上がり跳び走る。

重力が感じさせない獣たちの光景がユシムの前に広がっていた。

スッと場面が変わった。あの一頭、視線が合っていた一頭が大きな暗いほら穴の中にいる。餌をもらえず空腹なのか身を横たえている。

目次
  1. 龍空の伝
  2. 第一章 二千年前 名なき人々
  3. 第二章 現代 名をもつ人々
  4. 第三章 千年前 シキナギとセナ
  5. 第四章 五百年前 ラルとエル  
  6. 第五章 希望
  7. 最終章 少年繋ぎ走
著者紹介

著者:さいとう ちみ

神奈川県茅ヶ崎市在住。東京学芸大学卒。
公立小学校教諭40年を経て、2017年5月より、自宅にて小学生向け個別指導 ちみ算数国語塾 開塾。

☆幼少期、学齢期には、誠実さが報われるハッピーエンドの物語だけ読ませたい…

☆見えざるものの中にこそ生きる本質や真実が織り込まれているこの世にあって、子どもたちには、豊か過ぎるほどの発想力を身に付けてほしい…

小学校教員時代の中盤、子どもたちの読書について、筆者はこのように考え、ファンタジーに目を向け、長編ファンタジー小説を多数読む。
数ある良書の中でも特に、ミヒャエルエンデの「ジムボタンの機関車大旅行」に感銘。

奇想天外な出来事、ミラクルな繋がり、痛快な謎解きを経て、最後は登場人物全てが幸せになる、この展開の優しさ心地よさに、安心して子どもたちに薦められると実感。

当時3、4年生を担任すると、毎日少しずつ読み聞かせをするなどに取り組む。
担任生活最後の10年は5、6年生を担任し、思考や想いの力、言霊の力、引き寄せの法則を様々な書籍の文章を直接紹介するなどして、夢を持てる子の育みに向き合い模索する。

40年の教員生活に終止符を打ち、もう少し先の年代、多様な年代にメッセージを込められる物語を作りたいとの思いにより、本作に取り組む。
自身初の作家活動。
様々な時代年代の人間像を通して、老若男女全ての方へのメッセージを込めている。

今すぐサンプルを見る
Amazonサイトで確認する アマゾンで書籍を購入する
この書籍のレビュー

感謝


この書籍をお友達に紹介する

Twitterでシェアする Facebookでシェアする

このページにコメントする

書籍のご感想や著者へのご質問など何でもご自由にご記載ください。
(コメントの投稿にはFacebookへのログインが必要となります。)