子ぱんだぬき ご購入はこちら 『すんとすんすん』
架空の動物「ぱんだぬき」の、2匹の子ども「すん」と「すんすん」が繰り広げる日常ショートストーリー、全20話 書籍のご紹介動画


本の概要・紹介文

架空の動物「ぱんだぬき」の、2匹の子ども「すん」と「すんすん」が繰り広げる日常ショートストーリー、全20話

「すん」と「すんすん」は、近所に住んでいて、兄弟以上にとっても仲良しです。
もしかすると、家族を超えるほどかもしれません。
楽しいときはともによろこび、悲しいときははげまし、つらいときはそっとみまもってあげる・・・
そんな可愛くて、純粋に寄り添う2匹のストーリーがゆるやかに展開します。

せわしない、せちがらい今にあって、2匹のあたりまえの日常は、私たち現代人が忘れかけてしまっている大事なもの、大切なことに、やんわりと気づかせてくれます。

そして、20話を読み終えたあと、もう一度「すん」と「すんすん」の絵(顔)を見直したあなたは、この2匹の子ばんだぬきが、いとおしく、いつしか癒やされ、きっと顔もほころんでいることでしょう・・・。

大人も子どもも楽しめる“ほっこり”の1冊です。

書籍冒頭のご紹介



すん と すんすん は、




とっっても仲良し・・・




©️ OBANE-GINZA.ADG 2020




「遊ぼ〜よ!?」



すん と すんすんは、とっっても仲良し



「ねぇねぇ!? すんもいっしょに遊ぼ!

 みんなも遊んでたから」


「うん、いいよ〜。

 ・・・それで、みんなはどこ?」 


「すんすん、ひとりだよ」



「えっ!?」


「みんなは、さっきかえったみたい」


「すんすんは、

 みんなと遊んでたんじゃないの?」


「ちがうよ。みんなたのしそうだったから、

 すんと遊びたくなったの〜」



「・・・うん。遊ぼ〜」




©️ OBANE-GINZA.ADG 2020

著者紹介

著者:おばね ひとし

山形県尾花沢市の生まれ。現在は横浜市在住。
これまでに、童話、小説、映画シナリオなど 10作ちかく執筆するも、書籍として形になる のは今回の電子書籍『子ぱんだぬき すんと すんすん』が記念すべき処女作となる。
すでに、菩薩さまを題材とした童話をはじめ、 次回作の構想もいくつか抱えている。

今すぐサンプルを見る
Amazonサイトで確認する アマゾンで書籍を購入する
この書籍のレビュー



この書籍をお友達に紹介する

Twitterでシェアする Facebookでシェアする

このページにコメントする

書籍のご感想や著者へのご質問など何でもご自由にご記載ください。
(コメントの投稿にはFacebookへのログインが必要となります。)