不安の時代を充実して生きぬく知恵 ご購入はこちら AFTER/WITHコロナの ビジネス人のための「バーン心理学」入門
今、何が起きているのか、何を大切にすべきか、どう働き、どう生きるか。 書籍のご紹介動画


本の概要・紹介文

今、何が起きているのか、何を大切にすべきか、どう働き、どう生きるか。
コロナ禍の中、あぶり出されている課題のカギは、「ふれあい」です。
エリック・バーンの心理学(TA) のフレームを使って、心のキャリアコンサルタントが取り組み方を語ります。
新型コロナがビジネス現場に起こした、働き方などの変化は、さらに加速していくでしょう。しかし、経験あるビジネスパーソンには、この変化を乗り越えて、社会をリードしていくことが期待されています。
ビジネスパーソンが人生の後半戦を充実して生き抜くためのヒント満載です。

書籍冒頭のご紹介

はじめに~コロナ時代をどう生きぬけばよいのか

心のキャリアコンサルタント 五十嵐信博


本書は、ビジネスパーソンの皆さん、とりわけ人生の後半戦(セカンドハーフ)を戦っている40歳以上の皆さんのために書きました。


新型コロナウイルス(COVID-19)のために、ビジネス現場では、さまざまな変化が起こりました。今後も、その変化は加速していくと思われます。そんな中で、とりわけビジネス経験を積んできた皆さんは、世の中をリードしていかなくてはなりませんね。

経験を積んだ皆さんの活躍は、職場にあっては職場の言動力、若い人たちのモデルとなりますし、広く社会に目を拡げれば、経済を回していくエネルギーとなるのです。

そして個人領域に目を転じれば、人生経験を活かして家族をささえる責任があります。また、自分自身の人生を輝くものにしていきたいという願望も当然あることでしょう。


大きな変化を乗り越えていくためには、私たちは働き方を、ひいては自分自身や、生き方を変えなくてはいけないでしょう。

「この世に生き残るのは、最も強いものでも、最も頭のいいものでもなくて、変われるもの」という言葉は、ダーウィンが本当に言ったかどうかは別にしても、名言だと思います。


どう変わればよいのか。その大きさとともに、方向性が問われます。

若い時ならば、無駄走りをたくさんしても、模索の中から何かをつかむことの意味はありますが、すでに後半戦を戦っている皆さんには、努力するベクトルの方向づけに手がかりがあれば、それに越したことはないはずです。


私は、企業のマネジャーを長く務めた後、独立し、キャリアコンサルタントになりました。

キャリアコンサルタントは、仕事にはどう取り組んでいけばよいのかを、皆さんとともに考えるのが役割です。ただそれは、いかに生きていけばよいのかと表裏です。なぜなら、仕事と、仕事以外の人生とは一体だからです。

私は、多くの企業様で、キャリアデザイン研修などを通して、人生視点での自分らしい生き方や、その構築への目のつけ所を提案してきました。

そんな経験を通して、皆さんにおすすめしたいのが、アメリカの心理セラピスト、エリック・バーンの創始した心理理論であるTA(Transactional Analysis)です。


本書でお伝えしたいのは、バーンのTAの、現代のビジネス生活への応用です。

TAは、1960年代、アメリカの社会が大きく変わろうとする時代に生まれた理論です。もともと、変化の中で人は心をどう持ち、どう考えて生きればよいのか、ヒントを提供してくれる、いわば変化の中で人を救う理論と言えます。


ですから、今日の私たちが、新型コロナウイルスがもたらした大きな変化やストレスを乗り越えて生きる上でも、今何が起きているのか、何が大事なのかを見て取るためのフレームを、TAは提供してくれます。

これからの自分の人生をどう構築しようかとお考えのあなたには、きっと役に立つことでしょう。


なお、本書では「バーン心理学」という言い方をしようと思います。

TAは世界中の心理臨床の場で役立てられ、日本でも「交流分析」として心理臨床を行う本流があります。一方、それを取り囲む形で、バーンの理論やコンセプトを応用的に活用している人たちもいます。

こうした本流、支流を合わせた形で、バーンに敬意を表して、敢えて「バーン心理学」と呼びます。


バーンは、精神分析をふまえて、それを乗り越えた、わかりやすく役立つ理論を作りました。本書は、そうした革新性にならいたいと思っています。

TAにインスパイアされて、あらたなモデル化を試みたいと思います。また、これまでの交流分析体系から、少しふみこんだ意訳もしています。一般の方によりなじみやすいようにという意図です。


経験のない変化の時代を、あなたが、日々さらに自分らしく充実して生きるために、本書が手がかりとなればうれしく思います。

目次
  1. はじめに~コロナ時代をどう生きぬけばよいのか

  2. 第1章 コロナ時代を充実して生きるために
    1. 1.自律して人生を生きれば充実できる
      1. 自分の人生を生きてきましたか
      2. 「ウイズコロナ」を与件にセカンドハーフを戦う
      3. 変化を切り拓くアイテムは「ふれあい」
      4. 変化の時代の、心の整体術「バーン心理学」
    2. 2.なぜ今「バーン心理学」なのか
      1. 「バーン心理学」3つのキーコンセプト
      2. ●キーコンセプト1「ふれあい」感
      3. ●キーコンセプト2 脚 本
      4. ●キーコンセプト3 自 律
      5. ポジティブな課題にも活かす
    3. 3.「バーン心理学」で自律のキャリアを構築する
      1. 「自律」するとはどうすることか
      2. 成長ベクトルの仰角を保つ
      3. ■ここがツボ

  3. 第2章 心がスタミナ十分で生きるために
    1. 1.人は「ふれあい」を糧に生きている
      1. すべてのやりとりは「ふれあい」
      2. 3種の「ふれあい」感… 身体、言語、精神
      3. 私たちをとりまく「ふれあい」の環境
      4. あたたかい「ふれあい」感も、冷たい「ふれあい」感も
    2. 2.キャリア充実のカギは「ふれあい」
      1. 「ふれあい」感で心の健康管理
      2. 栄養十分なら何にでも挑戦できる
      3. 栄養十分なら人にも優しくできる
      4. 成長と充実のために必須栄養素として「ふれあい」感をチャージする
      5. ■ここがツボ

  4. 第3章 他人の力も活かして生きるために
    1. 1.マネジャーのあなたのねらい目
      1. 信頼関係構築のカギとして
      2. 「ふれあい」感を資源としてマネジメント
      3. 「ふれあい」がモチベーションを生み出す
    2. 2.人間関係の信用は人生の資産
      1. ステークホルダーとの「ふれあい」感交換を改善する
      2. 長い人生の資産とは
      3. ■ここがツボ

  5. 第4章 長い信頼を得るために
    1. 1.心が栄養不足だと何が起きるか
      1. 変化のストレスの中で増えるトラブル
      2. 百害あって一利もない「ごっこ」のやりとり
      3. 「ふれあい」感を味わいたい
    2. 2.人生のガターに落ちてしまわないためには
      1. しかけない、乗らない、すぐ降りる
      2. パワハラ、モラハラに落ち込まない
      3. ■ここがツボ

  6. 第5章 自分自身の生き方を再構築するために
    1. 1.先の見えない不安の中でどこに目をつければよいか
      1. 時間に形を与えることから
    2. 2.「ふれあい」感に焦点づけした時間の区分
      1. 効率だけが時間のモノサシではない
      2. 「ふれあい」感の質と量による時間の6区分
    3. 3.時間に着目して不安を解消する
      1. 時間の使い方を変えてみる
      2. 変えるカギはやはりあたたかい「ふれあい」感
      3. ■ここがツボ

  7. 第6章 自分の人生をどう生きていきますか
    1. 1.あなたの人生はあなたのもの
      1. あなたの脚本はあなたが書いている
      2. 「~のせい」「どうせ」「しょせん」は禁句
    2. 2.コロナ流行で経験したこと
      1. 人生は有限と教えてくれた志村けんさん
      2. 7時の拍手とブルーインパルス
      3. さあ、これからどう生きる

  8. あとがき
著者紹介
五十嵐信博

著者:1953年、北海道生れ。
心のキャリアコンサルタント 
(五十嵐人材育成ラボ 代表) 

金沢大学を卒業後、新菱冷熱工業株式会社で人事部マネジャー、人材育成事業責任者などを経験。
2008年コンサルタントとして独立、ビジネス人が力を発揮するための、キャリアデザイン、コミュニケーション改善、人のマネジメントなどを主テーマとして研修・講演・執筆活動を開始し、現在に至る。

企業などさまざまな場で、ワークショップスタイルの楽しいファシリテーション、わかりやすいインストラクションで定評を得ている。
また人事時代、ふれあいの心理学「交流分析」を知り、人のふれあいと自律の重要性に目覚める。現在は、交流分析的視座から人生のヒントなども語っている。
2012〜2015年、淑徳大学エクステンションセンターで一般社会人向け講座を担当。
ライフワークとして、介護施設スタッフを元気づける研修活動も行っている。

ホームページ http://www.igarashihrdlab.com/

今すぐサンプルを見る
Amazonサイトで確認する アマゾンで書籍を購入する
この書籍のレビュー

変化の激しい時代に役立つ「ふれあい」の教え 交流分析を知らない人にもわかりやすく役立つ人生の知恵


この書籍をお友達に紹介する

Twitterでシェアする Facebookでシェアする

このページにコメントする

書籍のご感想や著者へのご質問など何でもご自由にご記載ください。
(コメントの投稿にはFacebookへのログインが必要となります。)