着床修復 ご購入はこちら お風呂で行う温熱療法
着床成功を高める「妊娠を招く着床術」 書籍のご紹介動画


本の概要・紹介文

第1弾の「卵修復」に続いて第2弾の「着床修復」を発行することになりました。第1弾の「卵修復」では、妊娠力を発揮する胚のクオリティが改善された妊娠率の高いやり方
として、受精卵の培養が5日目の胚盤胞の到達が本当の意味で、胚のクオリティが改善され良好な胚盤胞と考えることから、その良好な胚盤胞に到達する卵の育成として「卵修復3周期プラン」を紹介しました。

第2弾の「着床修復」では、着床成功を高める下記の3つの「妊娠を招く着床術」を紹
介して、その「着床術」のセオリーを下にあなたの妊娠を高くする「スケジュール図」が紹介されています。

【着床術➊】低酸素誘導因子の安定が妊娠を招く 
【着床術➋】子宮放射状動脈の血流の定常が妊娠を招く
【着床術➌】HSPプレコンディショニングが妊娠を招く

着床は“着床の窓”での「胚接着」に続いて「胚浸潤」が妊娠のセオリーでありそのセオリーをスムーズなものにすることで着床が達成されます。

反復不妊の原因には「不良卵」と「着床障害」がありますが「着床障害」の主となる原因は、着床の技術的向上および分子機構の解明が受精技術と比較して立ち遅れている点にあると考えます。

胚移植するが反復不妊となるケースでは難治性着床障害として捉え対応する必要があります。

「妊娠を招く着床術」とした本書では、新しく解明された3つの着床の仕組みを糸口に難治性着床障害を良好な着床メカニズムにして妊娠をアプローチするものです。

本書で紹介されています「バスヒートセラピー」はお風呂で行う自助療法の温熱療法で、簡単で、継続しやすい「妊活バスヒートセラピー」とした本格的な「不妊温熱療法」です。

目次

もくじ

第1章 妊娠を招く着床術(胚浸潤を巧く仕掛ける)

●この「章」はつぎの方にお勧め(器質的疾患のない方を前提)
●【着床術➊】低酸素誘導因子の安定が妊娠を招く 
●【着床術➋】子宮放射状動脈の血流の定常が妊娠を招く
●【着床術➌】HSPプレコンディショニングが妊娠を招く
●【着床術➊】【着床術➋】【着床術➌】の「妊活バスヒートセラピー」の実施法

第2章 不妊治療の卒業を目差して(着床を良好に仕掛ける)

●自然妊娠&タイミング法
●人工授精(AIH) 
●初期胚移植(ET:採卵から2~3日培養)
●胚盤胞移植(BT:胚盤胞名まで培養)*シート法・二段階胚移植法含む
●卵管移植(GIFT・ZIFT・EIFT)

第3章 着床に良い生活習慣

●着床は右の卵巣が優位
●子宮内膜機能に良い食品(卵巣年齢を若く保つ生活習慣)

第4章 革新のバスヒートセラピーを妊活バスヒートセラピーに活用

●革新のバスヒートセラピー
●「妊活バスヒートセラピー」の特長

第5章 バスヒートセラピーのマニュアル

●part-1 「妊活バスヒートセラピー」手順
●part-2 「バスヒートセラピー」準備
●part-3 「バスヒートセラピー」の実際
●part-4 [注意]及び[禁止]
●part-5 [寒暖差に注意と予防策]
●part-6 「保温筒状アルミシートの作り方」
●part-7 「保温筒状アルミシートの保温」
●part-8 「保温筒状アルミシートの洗い方」

第6章 バスヒートセラピーの副次効果

●卵巣を冷やす“足首の冷え”と“かかとの冷え”を解消
●美肌を高める 
●健康的な肥満に誘導
●「受精卵は熱に弱いか」について

第7章 不妊温熱療法の歩み

●線溶能を高める温度設定

著者紹介
奈良修次

大阪府大阪市にてナラ鍼灸院とお風呂で体を修理する会を運営
国家資格である臨床検査技師と鍼灸師の資格を取得

1996年に「なら式温熱療法」が産声をあげその後に全国の不妊医療機関で行っている遠赤外線療法の考案に従事しました。

近年においては、身近な温熱療法として、正確、簡便、低コストと3拍子揃った、自宅のお風呂で行える「バス温療法」を考案しました。

この度、バス温療法を使った「卵子修復」をテーマにした、実用書《自助療法シリーズ「妊娠力ある卵に修復」お風呂で卵修復》を電子書籍にして発行することに至りました。

実用書では、「卵子の老化」の修復として「卵子3周期修復プラン」を掲載しています。

バス温療法は入浴と言う「加温」と治療の要となる「保温」の整った自助療法です。

自助療法とは、「自分が作った卵は自分でしか治せない。だから、自分の治る力を誘導し自分で治す」とうい療法です。

今すぐサンプルを見る
Amazonサイトで確認する アマゾンで書籍を購入する
この書籍のレビュー



奈良の関連図書
この書籍をお友達に紹介する

Twitterでシェアする Facebookでシェアする

このページにコメントする

書籍のご感想や著者へのご質問など何でもご自由にご記載ください。
(コメントの投稿にはFacebookへのログインが必要となります。)