英語の総合学習書 ご購入はこちら これが英語です
英語の構造をカラーで明快に解説。 書籍のご紹介動画


本の概要・紹介文

「英語は根本のルールを身につければ、誰でもかならずすっきりわかる。」これが、私が英語に長年英語に取り組んできて、確信をもって言える結論です。
 本書は、英語の基本の基本から説き起こして、それを土台に押さえておくべき英語のパターン、文法項目を網羅して体系的に解説し、さらに英文を音声でも確認できる、英語の総合学習書です。
 この1冊をマスターすれば、着実に英語を身につけていく土台をしっかりと築くことができます。
以下の3点が本書の特徴です。
①全く英語を忘れた人も、学習を進めている人も「これが英語だ」が分かる本
 基本的な語彙にも注釈をつけ、中学英語の第一歩から、複雑な内容の構文理解までカバーし、長年英語からまったく離れて、ゼロから学び直そうという人にも、大学入試準備等で、さらに英語を深く学ぶ人にも役立つ構成になっています。
 「3つの英語の根本ルール」と、それを総括した「究極のルール」を始め、覚える必要のない文法用語は使わず、おさえるべき核心のポイントの解説を通じて、simple な英文にも、どれほど複雑な英文にも共通するルールをマスターして、誰でも「納得して」英語が学べる内容になっています。
②英語の「なぜ?」がわかる本
 「be動詞と普通の動詞は一緒に使わないって教わったのに、進行形 be ...Ingではどうして一緒に使うんだろう?」「wouldは助動詞の『過去形』っていうけれど、どうして今のことも未来のことにも使えるんだろう?」英語の勉強でこんな「なぜ?」を感じたことはないですか?この本では、文法用語はできるだけ使わずに、このような「なぜ」に答えています。「なるほど」と分かってこそ英語を本質から理解して身につけることができます。「どうしてそうなのか」が分かるための解説にもできるだけページを割いています。
③「人間は忘れるもの」を前提とした本
 「人間は繰り返さないと覚えない。」という当たり前の前提に基づいて、新しい項目を解説する際には、その十分な演習と共に、前提となるルールも振り返って、復習して思い出しながら学習できる、「解説書」+「問題集」の総合学習書です。
 「うわ、厚くて最後まで読み通すの大変!」と思うかもしれませんが、それは、②の「なぜ?」の解説と同時に、この「振り返り」にもページを割いているからです。読み進めていけば学んだ英語が着実に身につく構成になっています。
 著者は、初めて受けた平成24年度第3回実用英語検定1級試験で、思いもかけず全国トップの成績で合格し、文部科学大臣奨励賞の表彰にあずかりました。人の学びはいつまでも続くもので、これもその歩みのone step ではありますが、自分の英語の学び、歩みが間違ってはいなかったとの思いを強くしました。この本の内容は全て、英語は「そういうことだったのか。」「これでわかるのだ。」という私自身の実感に基づいたものです。

 「さて、長い道のりでしたが、これで全Chapter 終了です。これで英語が「どんな言葉で」「どんな仕組みで」「どうすれば分かるのか」- 「これが英語です」" This is English. " - はマスターしました。この土台の上に、さらに英語を築いて行き、豊かな英語の世界をenjoy してください。」
 これがこの本の最終文です。

書籍冒頭のご紹介
冒頭1 冒頭2 冒頭3
目次
目次1 目次2 目次3
著者紹介
浜野能男

英語教員。

神戸市出身。横浜市在住。

上智大学学国語学部英語学科卒。

東京都港区普連土学園中・高等学校で英語科主任、副校長、校長を歴任。現在は非常勤講師。

平成24年 第3回実用英語技能検定1級文部科学大臣奨励賞(全国最高点合格)受賞。元、文部科学省英語力の評価及び入試における作業部会委員及び日本私学教育研究所外国語教育改革特別部会委員。文部科学省認証教育推進リーダー。

今すぐサンプルを見る
Amazonサイトで確認する アマゾンで書籍を購入する
この書籍のレビュー



この書籍をお友達に紹介する

Twitterでシェアする Facebookでシェアする

このページにコメントする

書籍のご感想や著者へのご質問など何でもご自由にご記載ください。
(コメントの投稿にはFacebookへのログインが必要となります。)