Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

電子書籍が台頭してきたが、書籍を書く(書ける)人はまだまだ少ない件について

      2019/01/31

文章を書くことって、誰でもできることなんですけど、それを書籍にまでするという実行力のある人は、まだまだ少ないんです。

でも、それは、ある意味当たり前かもしれません。

自分の文章を書籍にして出版することって、結構大変なことだと思いますからね。

パソコンを打つ女性の画像

今日は、“文章を書ける人は案外少ない”というお話です。

近年、電子書籍の台頭により、本を出す人が多くなってきました。また、Kindleやスマートフォンで電子書籍を読む人も多くなりました。

しかし、実際に、あなたの周りの人に電子書籍を出版した人は何人くらいいるでしょうか?(実は、本を出せる人は、そんなに多くいないので、今日は、その当たりを共有させていただきます。)

目次

文章を書ける人は案外少ない

世の中には、「いつか、自分の書いた本を出版したい!」と思う方は多くいます。

これまでの紙での商業出版時代と比べれば、電子書籍の登場により、本を出版する人は多くなりましたが、実際に出版できているのは、まだまだ少ないのが現状です。

私がこれまで多くの出版をお手伝いしてきた経験から、どんな人が実際に出版まで到着できるのかと言うと、基本的には、“文章を書くことが好きな人たち”です。

最初から、「どんな本を書いたら売れるかな?」とか、「本をいっぱい売って有名になりたいな。」という理由で、本を書く人たちは、なかなか最後まで書き切ることができません。(※もちろん、これらの理由は、書くモチベーションとなるので、必要だとは思います。)

そんな中、原稿を書き切れる強い人は、“文章を書くこと自体に喜びを感じられる人”です。

このような感覚を持つ人は、最後まで頑張って(楽しんで)原稿を書き続けられ、いつの間にか、出版まで漕ぎ着けることができます。※そして、本人は気づいていないのですが、本を書き続けられるスキルを持った人は、あんまりいません。(文書を書けることは、実は才能ある方なのです。)

鍵は継続力。まずは、書くこと自体を習慣化できるようにする

私自身も、いまでこそ、こうやって文章を書くこと自体を楽しめるようになりましたが、最初のころは、なかなか書くこと(書き続けること)ができず、ちょっとした文章を書くだけでも、結構時間がかかっていました。

ただ、毎日、少しずつ“書くこと”を続けていくうちに、だんだんと執筆スピードも上がり、書くこと自体に苦痛を感じなくなっていきました。(この段階に到達するには、約1年間程かかりましたが。)

具体的には、どのような練習をしたのかと言うと、ブログです。

ブログを運営することは、文章を書くとてもいい練習になりますので、毎日、ブログを更新し続けました。ブログを書き続けるのは大変な作業でしたが、今思うと、これをやっておいて本当に良かったと思います。

もし、あなたも書くことを習慣化したい場合は、ブログの開設をおすすめします。ある意味、ライティングテクニックやスキルは、後から身に付けてもいいと思います。

一番大変なのは、書くことを習慣化することです。

テーマや書くことは、自分の好きなことでいい。ただ、人に読まれるのだから、人を喜ばせたり、役立つことがいい

どんなテーマで書けばいいのかと言うと、そこは、やはり、“自分の好きなこと”が一番いいいと思います。

なぜなら、自分の好きなことであれば、書くことの苦痛がやわらげられるだけでなく、文章にあなたの情熱が宿り、イキイキとした文章が書けます。(また、自分が好きなことであれば、これまでの知識の活用や、新しい知識を得るための情報収集も楽しくできると思います。)

そして、もう一点だけ付け加えるとすると、できれば、読んだ人に役立つことや、読んだ人が喜ぶことを書くことができれば、なおいいと思います。

ブログや書籍は、人に読んでもらうことが大前提ですので、この当たりも考慮して書いてみてください。(※また、読んだ人から反応があると、ますますやる気やモチベーションがUPすると思います。)

まずは、やってみること(書いてみること)

最後は、身もふたもないアドバイスですが、とにかく行動してみることを強くおすすめします。

人は、元来なまけものですので、“ブログを書き始めてみよう”とか、“本の題材の情報収集をしよう”など、何か行動しようと思っても、ついつい億劫になったり、先延ばしをしてしまう生き物です。(※私もその気持ちはよくわかります。)

ただ、先延ばしばかりの毎日では、いつまで経っても目的地に到達することはできません。

そこで、まずは、「パソコンに向かう」とか、「文章を一文だけ書いてみる」など、簡単なことでもいいので、とにかく行動することが上達のコツだと思います。

今年は、残り4ヶ月となりました。4ヶ月もあれば、大抵のことは達成できます。是非、今日からあなたの夢の実現の一歩を踏み出してください。

 - モチベーション, 書き方

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

文章力を上げる!魅力的な文章を書く3つのコツ

文章が魅力的であれば、その魅力に人は惹きつけられていきます。ここでは、魅力的な文 …

炎の画像
自分の心に火を灯す|やる気を出すためのコツ

自分の心に火を付けて、その火を燃やし続ける。 モチベーションって保つことが本当に …

電子書籍を作るための企画書を作ってみよう
電子ブックを作るための企画書を作ってみよう。

原稿を書くだけでも大変なのに、わざわざ企画書を作るなんて大変そうだな・・・と思わ …

電子書籍を作るうえでのポイント

実は、電子書籍を作るうえで、一番参考になるのは紙の本です。紙の本は、通常、出版社 …

本を書くことなんて、自分には無理だ。と考えない

電子書籍の出版の目指して、原稿を書き始めたはいいが、なかなか原稿が進まないことは …

山の画像
モチベーションを持ち続けるコツ|目標達成のメカニズム

やる気と行動力を持てば、ほとんどのことはやり遂げられます。 でも、そのやる気を持 …

達成の画像
継続力を身に付けるための4つのコツ

やり続けることのむずかしさは、誰もが一度は味わうことだと思います。 私も、途中で …

実体験を本にして出版する

現在、電子ブックは個人の誰でもが出版できます。しかし、『Kindl本を出版したい …

ハードルを飛び越える少年
著者をめざす方必見!作家になるための前提知識とファーストステップ

作家になることは、これまで以上にハードルが下がりました。今では、どんな人でもある …

社長の画像
電子書籍を出版した著者の方は、自分を個人事業主と心得よう

セルフイメージという言葉を聞いたことがありますか? セルフイメージとは言葉の通り …