Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

著者様専用オリジナルサイト(WordPress)の使い方(ログイン、投稿、ログアウト、編集、削除)

   

ここでは著者様専用オリジナルサイトの基本的な使い方をご案内させていただきます。

ログイン方法

メールにてご案内させていただきましたログイン用WEBページを開き、ユーザー名パスワード認証文字をご記載のうえ、ログインボタンをクリックしてください。

image

※ログイン用URLやユーザー名、パスワードは、別途、メールにてご案内させていただきます。
※ログイン状態を保存するにチェックを入れておくと、次回以降のログインが楽になります。

記事の投稿方法

サイトへのログインができると、以下のような画面に遷移します。

image

新規に記事を投稿する場合は、左側のメニューから「投稿」にマウスを持っていくと、『新規追加』というメニューが表示されるので新規追加をクリックします。

image

新規投稿画面に遷移するので、ここから新しい記事を作成することができます。

image

記事の作成方法

記事には、タイトル本文を記載していきます。

image

文字の装飾方法

文字の装飾は、装飾したいテキストを範囲選択すると、上部にメニューが表示されるので、さまざまな装飾(文字の拡大、配色、リンク等)をすることができます。

image

新しいブロックの作り方

改行することで、新しいブロックを作成することができます。

image

「ブロックを選択するには「/」を入力」と表示されている状態で、「/(スラッシュ)」を入力すると、画像や見出しなどを入力することができます。

image

画像の挿入方法

画像は、ブロックを選択時に、「/(スラッシュ)」を入力して、画像をクリックします。

image

次に、『アップロード』をクリックすると、画像をアップすることができます。

image

目次と見出しの作り方

目次は、見出しを設定することで、自動的に記事内に反映されます。

見出しのレベルは、H1~H6まで設定でき、以下の部分で変更することができます。

image

見出しを設定すると、記事内に自動的に目次が作成されます。

image

リンクを張り方

文字にリンクを張りたい場合は、テキストを範囲選択して、メニューのリンクをクリックします。

image

リンク先のURLを入力し、Enterキーをクリックするとリンクが追加されます。

image

記事の下書き保存とプレビュー

途中まで作った記事を下書き保存、プレビューは、画面右上のボタンから実施できます。

image

記事のカテゴリー選択方法

作った記事のカテゴリーの選択は、画面右上に表示されている「投稿」をクリックし、カテゴリーを選択することで指定できます。

image

右側のメニューが出ない場合は、画面右上の「歯車マーク」をクリックすると表示されます。

image

アイキャッチ画像の選択方法

アイキャッチ画像は、サイトトップやサイドバーに表示される記事の画像です

通常は、一番最初の画像が自動的に設定されますが、もし、特定の画像を指定したい場合は、画面右側の投稿メニューのアイキャッチ画像から設定することができます。

image

記事の公開方法

記事が完成したら、画面右上の「公開」ボタンをクリックし、確認画面でもう一度「公開」ボタンをクリックすると記事が公開されます。

image

image

ログアウト方法

ログアウトしたい場合は、ご自身の名前のところにマウスを持っていくと、ログアウトボタンが表示されるので、そこをクリックするとログアウトできます。

image

基本的には、このような流れで日々の記事更新ができますので、ぜひ、何度から試しにテスト投稿をやってみて操作感を覚えていただければと思います。

記事の編集と削除方法

投稿した記事を編集したい場合や、削除したい場合は、サイト左側のメニュー「投稿一覧」をクリックし、編集や削除したい記事について操作することができます。

 - サポート


【PR】電子書籍出版代行サービス(紙本出版可)
【最新】Kindleストア の 売れ筋ランキング

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

賞金30万円!アマゾンとよしもと主催の『原作開発プロジェクト』コンテストへ応募しよう

アマゾンとよしもとが募集しているコンテストがあります。 その名も、原作開発プロジ …

アマゾンKDPセレクトの規約違反をした場合、出版した電子書籍はどうなってしまうのか?

ロイヤリティが70%になったり、アマゾンサイト上で無料配布ができるようになったり …

オリジナルの出版社名をつけよう
KDPではオリジナルの出版社名を掲載できます

電子書籍を出版する際には、本名を使用する必要はなく、ペンネームで出版することがで …

KDP著者視点から見るKindle Unlimitedのメリットとデメリット

2016年8月3日に、日本のアマゾンでも、Kindle Unlimitedという …

Kindle Countdown Dealsのご紹介

2013年11月1日に、アマゾンKindle書籍に新しい販売促進ツールが導入され …

著者ページ編集のサムネ
Amazon著者セントラルへの登録と著者ページの編集方法のご案内

電子書籍を販売したあとは、著者ページに登録しましょう。 著者ページとは、著者が読 …

出版後のKindle本の販売価格を変更する方法

Kindle本を出版した後は、著者様ご自身にて販売価格を変更することができます。 …

本の返品の画像
Kindle本を返品する方法

間違って購入してしまったKindle本を返したい! スマホなどを使って、Kind …

アマゾンKDPにてCreate Spaceは、日本では未だ使えないとのこと

KDP著者の方には、先日の深夜、アマゾンから『Create Space』の利用を …

【速報】5月25日~30日の間にKDPへ問い合わせをした方へ

先日、アマゾンKDPのサポートに連絡したのですが、返信が全然返ってきませんでした …