Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

アマゾン著者ページにフォローボタンが実装されるっぽい

   

これまで、著者ページの活用方法についてはいろいろと書いてきましたが、本日、ふと、とある著者ページを見てみたら、フォローボタンが追加されていました。(※未だ、すべての著者ページに追加されているわけではないようです。)

アマゾンフォローボタンの画像

著者ページでのフォローボタンが意味すること

これは、結構な大事件で、アマゾンでは通常、著者からアマゾンユーザーに直接の情報配信をすることができませんでした。

しかし、アマゾンフォローボタンの説明を読んでみると、『著者をフォローして、新作発売の通知を受け取ります』との記載が書かれています。

アマゾンフォローについての説明画像

いままでは、自分の本を読んでくれた読者に対して新刊の販売を伝えることができませんでしたので、フォロワーに、新作の発売の通知を送れるというのは、著者としては、かなりありがたい機能です。

また、上記に記載の公開プロフィールは、アマゾンユーザーとしての公開情報を登録するところのようです。レビューの履歴などもここで見れます。

僕のアマゾンユーザーとしての公開プロフィールはこんな感じでした。写真も掲載できるっぽい。
公開プロフィール画像

また、フォローの最新情報のページはこんな感じ。ここで、自分がフォローした人を管理できるようです。
フォローの管理ページ画像

ちなみに、著者ページのフォローボタンを押すとこのように『フォロー中』となります。
フォロー中のボタン画像

著者と読者をアマゾンサイト内でつなげてくれる?

このような機能実装は、今後、もっと、著者と読者の接点が持てるように、アマゾンが機能拡張してくれているのかもしれません。

また、残念ながら、僕の著者ページを確認したところ、フォローボタンがまだ実装されていませんでした。早くでてこいフォローボタンw。
著者ページ画像(フォローボタンなし)

この機能が早く、すべての著者に提供されることを望んでいます。※また、この機会に、アマゾンで書籍を出版されている方は、自分の著者ページにフォローボタンが表示されているか確認してみてください。

アマゾンのマーケティング機能が素晴らしい

このような機能拡充は、さすがアマゾンです。マーケティングをよくわかっていらっしゃる。著者ページはこれまでいろいろと改良が重ねられていますので、今後も期待できますね。(※また何か新しい動きがありましたら、このブログでご紹介させていただきます。)

以上、ご参考まで。

 - サポート, ニュース

出版実績、お客様の声掲載数No.1の電子書籍出版サービス(PODによる紙本出版も可能)

電子書籍出版代行サービス

  関連記事

【KDP情報】毎月更新!1ページ当たりのロイヤリティ推移のご案内

Kindle Unlimited制度が始まったため、1ページ当たりのロイヤリティ …

楽天マガジンとアマゾンKindle Unlimitedの比較

先日、アマゾンが月額980円で電子書籍が読み放題のKindle Unlimite …

KDPメモ|2016年度から納税申告フォームがペーパーレス化ができるようになったようです

昨年年末の12月30日に、AmazonKDPから1通のメールがきました。 内容は …

よくあるご質問一門一答についての画像
KDPに関してよくあるご質問:一問一答集(全13問)

KDPシステムってわかりにくいことが多いですよね。 KDPセレクト?ロイヤリティ …

no image
KDPセレクトにて無料キャンペーンを実施する

このページでは、Amazon KDPセレクトの無料キャンペーンの設定方法をご紹介 …

Amazonから届く封書の画像
アマゾンKDP著者に送付される『Foreign person’s U.S. source income subject to withholding』という謎の封書について

毎年3月になると、Amazonから英語の封書が届くことがあります。 この封書は、 …

kindleforPCサムネイル画像
ようやく日本でも、Kindle for PCが使えるようになったので、早速使ってみた

「Kindle本ってパソコンじゃ読めないんですか?」 この質問は、これまで数多く …

楽天へ出版してみてわかったこと
楽天Kobo(KWL)へも電子出版してみてわかったこと|Kindleストア(KDP)との違い

楽天Koboでは、Kobo Writing Life(KWL)という出版サービス …

本の返品の画像
Kindle本を返品する方法

間違って購入してしまったKindle本を返したい! スマホなどを使って、Kind …

賞金30万円!アマゾンとよしもと主催の『原作開発プロジェクト』コンテストへ応募しよう

アマゾンとよしもとが募集しているコンテストがあります。 その名も、原作開発プロジ …