Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

特典として書籍紹介用カードをご用意させていただきました

      2019/01/31

電子書籍は、閲覧端末が増えたため、専用端末だけだった頃とは異なり、より多くの方に見ていただく機会が増えました。そのため、既に、電子書籍をスマホやパソコンで閲覧することは当たり前になってきました。

しかし、いくら技術革新があり、新しいアプリが用意されて便利になったといっても、そのこと自体を知らない人はまだまだ数多くいらっしゃいます。(中でも特に高齢者の方や年配者にとっては、パソコンは使っていたとしても、ネット上で情報を取得するのが得意ではありません。そのため、電子書籍を出版している著者としても、ネット上での販売促進・宣伝には限界があります。)

そこで、本サービスでは、リアルの対面でも、ご出版された電子書籍の宣伝活動がしやすいように、書籍紹介用カードの特典を追加させていただきました。(※ただし、大変恐縮ですが、こちらの特典は、オプションサービスにお申込みいただいた方のみのご提供となります。)

以下、書籍紹介用カード特典のご紹介

書籍紹介用カードのサンプル

書籍紹介用カードサンプル

書籍紹介用カードの内容

  1. サイズ:91mm(縦)×55mm(横)
  2. 用紙:アートポスト(220)
  3. 枚数:20枚

※デザインとしては、表面には表紙デザインとキャッチコピー、裏面には、WEBページのURLとQRコードを掲載しておりますので、すぐに書籍情報をご確認いただけるようになっております。

書籍紹介用カードの使い方

名刺サイズで手軽にお渡しいただけますので、ご友人や知人はもちろん、初対面の方などにも名刺交換時にお渡しいただけます。(気軽にお渡しできるので、相手との話題作りができたり、あなたのことをより印象付けることができます。)

書籍紹介用カードを受け取られたお客様の声(一部ご紹介)

  • この度は宣伝用のカードをお送りいただきありがとうございました。カードを見た時、感動しました。徐々に使用させていただきます。
  • 先日は、本の紹介カードをご送付いただきありがとうございました。重ねて御礼いたします。
  • 書籍紹介用カードどうも有難うございました。
  • 書籍紹介用カードありがとうございました。コンパクトで便利だと思います。

おかげさまで、書籍紹介用カードを受け取られたお客様の評判も上々で、皆さま、実際の対面時にご活用いただいております。

補足:また、現在、既にオプションサービスをご利用されている方には、随時、お客様の電子書籍に関するデザイン制作と印刷、書籍紹介用カードのご発送作業を進めさせていただいておりますので、カードのご到着まで、いましばらくお待ちいただければと思います。

 - サポート

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

無料で登録不要!校正チェックツール4選のご紹介

電子書籍を作るうえで、文章の誤字脱字などを見つける校正作業は、大切な作業です。 …

Kindle本を読む方法|初めて電子書籍をご利用される方へ

こちらの情報は、基本的には、電子書籍を初めて利用する方が、Kindle本を読むた …

出版後の電子書籍(Kindle本)のカテゴリを変更する方法|最新版

以前このブログでご紹介しておりました、“Kindle本のカテゴリ変更”の方法です …

Kindle本の商品説明欄を変更する方法

ここでは、出版したKindle本の商品説明欄を変更する方法をご紹介させていただき …

時計の画像
Kindleストアに電子出版される時間帯について

キンドルストアで販売される時間帯って決まってるの? どれくらいの余裕を持って申請 …

Kindle書籍の登録カテゴリーを変更する方法

Kindleストアには、さまざまなカテゴリーがあります。 アマゾンサイトは、この …

プレビューアーを起動
Kindle書籍のプレビュー方法

ここでは、Kindle書籍のプレビュー方法についてご紹介します。 1)下記のUR …

よくあるご質問一門一答についての画像
KDPに関してよくあるご質問:一問一答集(全13問)

KDPシステムってわかりにくいことが多いですよね。 KDPセレクト?ロイヤリティ …

表の画像
電子書籍に表(TABLEタグ)が使えるか検証してみました

KDPのシステムって、かなりよくできているシステムなんです。 (たとえば、EPU …

アマゾンKDPにてCreate Spaceは、日本では未だ使えないとのこと

KDP著者の方には、先日の深夜、アマゾンから『Create Space』の利用を …