Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

一度購入した電子書籍は、いつまでダウンロードできる?

      2019/01/31

パソコンの画像

電子書籍は、電子データで提供されているため、一度購入したら、いつでもダウンロードができて、半永久的に書籍が読めると思われている方がいらっしゃいますが、実は、ストアによっては、その扱いが異なります。

せっかくお金を支払って購入した電子書籍なのだから、紙の本と同じように、いつまでも端末を利用して読むことがことができると思われがちですが、そうではないのです。

結論から言うと、あなたが購入した電子書籍ストアや出版社によって、ダウンロード期間を設けている場合とそうでない場合があります。

たとえば、週刊少年ジャンプのコミックスなどは、ソニーのReader Store上では、ダウンロード期間が1年間と定められいます。ただし、これは、ダウンロード期間であり、閲覧自体は制限されていません。つまり、一度ダウンロードして、あなたの端末にデータを保管しておけば、いつまでも自由に書籍を読むことはできます。しかし、端末の書籍を削除してしまい、再度ダウンロードしようとすると、1年以内であれば問題ありませんが、1年以上経過しているとダウンロードすることができません。

※こちらの配信期限は、既に廃止されております。(※ご指摘いただきました鷹野凌様、誠にありがとうございました。)

ちなみに、Kindleストアでは、閲覧制限はもちろん、ダウンロード期限も設けていませんので、いつでも閲覧できますし、もし端末内の電子書籍を削除してしまっても、いつでもダウンロードできます。

Kindle書籍を再ダウンロードする方法はこちら

電子書籍は、インターネットにつながる環境があれば、いつでもどこでも購入して、すぐにその場で読み始めることができる非常に便利なものです。

しかし、ここでご説明させていただきましたとおり、どのストアで書籍を購入するかで、ダウンロード期間が異なりますので、電子書籍を購入するストア選びは慎重に検討する必要があるのです。

ちなみに、楽天koboの場合は、5年間の期限があるようです。
※ご参考:楽天koboの電子書籍再ダウンロード期限の罠

このようなことを考慮すると、おすすめはなんといっても、細かい制限が無く、いつでも電子書籍がダウンロードでき、コンテンツも多く販売されているAmazonですね。

※電子書籍の購入ストアのご参考にしていただければと思います。

 - 電子ブック

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

人の画像
電子書籍出版に向いている人/向かない人

「私でも本を出版できるのでしょうか?」 このような質問をされる方もいらっしゃいま …

ハードルを飛び越える少年
著者をめざす方必見!作家になるための前提知識とファーストステップ

作家になることは、これまで以上にハードルが下がりました。今では、どんな人でもある …

電子書籍は、格好の自己ブランディング構築手段

電子書籍を出版するメリットは、これまでご紹介してきた通り、副収入の獲得であったり …

電子書籍出版元年
電子書籍出版元年

アマゾンのKindleストアがオープン 2012年10月にキンドルストアがオープ …

EPUBの仕様について
EPUBについての基礎知識

今日は、電子書籍に欠かせないEPUBについてのお話です。まず最初に、EPUBにつ …

リスクが限りなく少ない電子書籍出版
リスクが限りなく少ない電子書籍出版

電子書籍の自費出版は、これまでの紙の出版のようなリスクがほとんどありません。紙の …

電子書籍の印税率と価格設定について

自分の書籍が販売され、その本が売れた後、アマゾンからロイヤリティが支払われます。 …

FREEの画像
電子書籍を無料配布した方がいいケース|こんな場合は無料で配ろう!

人は無料が大好き。そして、価値があるものを無料で得られることはもっと好きです。 …

本の画像
Kindle本をシリーズ本として出版しよう!電子書籍を複数冊出版するメリット

原稿を実際に書いて、本を出版するという行動に移せる人は少ないです。 しかし、1冊 …

ノンリフロー型のメリット・デメリット
ノンリフロー型(固定レイアウト)の特徴

電子書籍の形式には、リフロー型とノンリフロー型の2つがあります。ノンリフロー型と …