Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

超簡単!最新版のキンドル本を効率よくダウンロードする方法

      2015/02/11

Kindle本の欠点の1つに、再出版した電子書籍の再ダウンロードが面倒くさい。というものがあります。
しかし、実は、ユーザーの設定で、いつも最新のKindle本を取得できるようになりますので、そのご紹介をさせていただきます。

タブレットを持った男性

電子書籍は、出版後でも簡単に、書籍内容を変更したり追記したりできます。これは、著者側からしたら、融通が利いてとても便利ですが、読者としては、少し困りものです。

しかも、Kindleの場合は、読者が手動で最新版を再ダウンロードしなければならず、かなり手間がかかります。(※これまでの再ダウンロード方法は、アマゾンサポートに連絡する方法でした。)

今日は、キンドル本を、効率的に再ダウンロードする方法をご紹介します。

最新版の書籍をダウンロードする方法(手動版)

では、やり方です。

まずは、いつも通り、アマゾンにサインインします。

Amazonアカウントへサインイン

続いて、アカウントサービスのメニューから「コンテンツと端末の管理」をクリックします。

コンテンツ管理をクリック

すると、これまで購入したKindle本がずらっと表示されます。

Kindle本コンテンツ管理画面

その中に『アップデートがあります』と表示されている書籍が見つかります。(この表示がされている書籍が、ダウンロードした後に変更が加えられている書籍となります。)

そして、この『アップデートがあります』をクリックすると、コンテンツを更新するポップアップ画面が表示されるので、『更新』をクリックします。

コンテンツを更新

すると、「このコンテンツのアップデート版が送信されました。」と表示されます。

コンテンツがアップデートされた

これで、お使いのキンドルやKindleアプリ上に最新版の書籍が送信されます。

すべての書籍を自動的にダウンロードする方法

ただ、この方法だといちいちアマゾンへログインして、最新版を有無をチェックしなければなりません。この確認作業も面倒だと思う方も多いと思いますので、常に最新版の書籍をダウンロードできる方法もご紹介します

『コンテンツと端末の管理』へ移って、『設定』メニューをクリックします。

設定画面をクリック

設定画面を下にスクロールしていくと、「コンテンツの自動更新」の項目が見つかります。この部分で、Whispersyncでの本の自動更新の項目を『オン』に変更します。(※デフォルトではオフになっています。)

自動更新画面

設定がうまくいくと、『成功!』と表示されます。

成功

この設定をすることで、今後、Kindle本が更新されたら、自動的に自分の端末にも最新版がダウンロードできるようになります。

ということで、『勝手にダウンロードされるのが嫌だ』という方は、最初の管理画面からの再ダウンロードの方法を使い、『いつも最新版をダウンロードしたい』という方は、自動更新の設定をしていただければと思います。

 - キンドル本, マメ知識

出版実績、お客様の声掲載数No.1の電子書籍出版サービス(PODによる紙本出版も可能)

電子書籍出版代行サービス

  関連記事

Amazon販売ページに著者情報が掲載されるようになりました

Kindle本の販売ページに著者情報が掲載されるようになったようですので、ここで …

KDPのコンテンツガイドライン

何事もルールは大切です。 紙本の出版の場合は、出版社との契約があるように、例えネ …

表の画像
電子書籍に表(TABLEタグ)が使えるか検証してみました

KDPのシステムって、かなりよくできているシステムなんです。 (たとえば、EPU …

これはやっ得!Kindleシリーズ本を『まとめ買い』設定する方法

KDPでは複数の電子書籍(シリーズ本)をまとめて販売することができます。 ここで …

電子書籍のロイヤリティについて
電子書籍のロイヤリティについて

通常、紙の本を出版しようと思うと印税は、6%~8%と言われています。つまり、たと …

アマゾンの商品説明文を記載する際のチェックポイント

WEB上にしっかりと書いておきたいのが、商品説明欄。 商品説明欄がおろそかだと、 …

Kindle本に画像を挿入する際のご注意点

画像や写真は、文字だけの情報だけよりも、直接的に脳に入ってくるため、理解度を増幅 …

KDPで書籍の出版予約や出版日の指定ができるかどうか確認してみた

商品の予約販売は、発売日に一気に売上を上げることができるため、初速を付けることが …

KDPメモ|2016年度から納税申告フォームがペーパーレス化ができるようになったようです

昨年年末の12月30日に、AmazonKDPから1通のメールがきました。 内容は …

著者ページ編集のサムネ
Amazon著者セントラルへの登録と著者ページの編集方法のご案内

電子書籍を販売したあとは、著者ページに登録しましょう。 著者ページとは、著者が読 …