Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

キンドルで読書をする人は、kindle.amazon.co.jpというサイトも利用してみよう!

      2019/01/31

「キンドル本をパソコンでも読みたい!」

キンドルストアが日本に登場して以来、その要望は多かったと思います。
そこで、今日は、Amazon Kindleでほとんど知られていないアマゾンサイトをご紹介させていただきます。

実はアマゾンサイトには、まだまだ知られていないサイトや裏ワザ的なものが多いんですね。(例えば、先日ご案内したKindle本をウェブサイトに埋め込む方法だったり、PCでKindle本を読む方法だったりといろいろあるんです。宜しければこちらの記事も参考にしてくださいね。)

で、今日は、日常、キンドルを使っている方はもちろん、スマートフォンでKindle書籍をダウンロードしたことがある方にも利用できるサイトを簡単にご紹介します。

キンドルユーザー専門サイト『kindle.amazon.co.jp』

既にご存知の方も多いと思いますが、Kindleで購入した書籍は、メモやマーカーが付けられます。(私も気になったところにはマーカーをするようにしています。)でも、自分がマーカーをしたところって、書籍を読み直さない限り、見る機会がないんですよね。

ところが、実は、あなたがこれまで付けたメモやマーカーは、アマゾン側で一元管理されているのです。(流石、アマゾンさん!)

そして、その管理状況は、下記のサイトで見ることができます。

kindle.amazon.co.jpはこちらから。

amazon.kindleトップページ

この『kindle.amazon.co.jp』といサイトは、未だ英語表示サイトとなっていますが、日本のアマゾンIDでも問題無くログインできます。

amazon.kindleログインページ

kindle.amazon.co.jpサイトのざっくり簡単紹介

こちらのサイトは主に3つのメニューを持っています。

1)Your Books
2)Daily Review
3)Your Highlights

YourBooksのメニューでは、これまでダウンロードした書籍がずらっと並んでいます。

amazon.kindleのサイト

Daily Reviewでは、過去に読んでマーカーを付けたところを毎日ランダムにピックアップしてくれる場所です。

Your Highlightsは、自分がマーカーをつけたところ(ハイライトしたところ)の一覧を表示してくれます。

ハイライト

Your Highlightsは結構使える機能

で、この中で結構便利だな。と思うのが、『Your Highlights』メニューです。

このメニューでは、自分がKindleでマーカーした部分をテキスト表示してくれるので、気に入った文言をコピーして抜粋したり、まとめたりすることができます。(例えば、ブログで書評を書くときなど、本文を抽出したいときにも使えたりします。)

Kindle本の著者も自身の本のどの部分にマーカーが引かれているかも一目瞭然

また、Kindle本を出版した著者様にとっても、とても面白い機能があります。

それは、自分の書籍を購入してくれた読者が、書籍内のどの部分にマーカーが引かれているかを見ることができるというものです。

確認方法としては、『YourBooks』のメニューから、自分の書籍をクリックするだけです。

書籍のマーカー部分

この画面をみることで、読者がどの部分で興味や関心を持ってくれたのかが分かります。(マーカーがいっぱいついていると、「自分の書籍が少しは読者のお役に立てれたかも。」と、嬉しくなりますね。)

Amazonでは、このような面白いサイトも構築されていますので、まだ使ったことが無いKindleユーザーや著者の方は、一度アクセスしてみると面白いと思います。

 - キンドル本, マメ知識

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

新聞の画像
Amazon KDP 太っ腹!一番読まれたKDP作家100名に賞金が支払われるらしい

アマゾンって結構気前がいいんですよね。 買い物の際の配達費を無料にしたり、格安な …

超簡単!最新版のキンドル本を効率よくダウンロードする方法

Kindle本の欠点の1つに、再出版した電子書籍の再ダウンロードが面倒くさい。と …

海外在住の方がAmazonで電子書籍を購入・販売するときのご注意点

今は、インターネットの発達により、海外にいながら、日本のKindle本を買う。も …

Kindle端末の画像
Kindle書籍の魅力

Kindle端末やスマートフォンで、読書を楽しんでいる方も多くいると思います。い …

Kindle本をWEBサイトに埋め込む方法
これは便利!出版したKindle本をWEBサイトに埋め込む方法

AmazonのKindle本は、無料で冒頭部分10%をダウンロードすることができ …

アメリカで電子書籍に火をつけたのはKindle
アメリカで電子書籍に火をつけたのはKindle

通常、ITの分野はアメリカが日本よりも2年進んでいると言われています。 もちろん …

電子書籍の校正・推敲方法

誤字脱字や内容の不備。電子出版の場合は、編集者がいない場合が多いため、最終チェッ …

アマゾンKDPセレクトの規約違反をした場合、出版した電子書籍はどうなってしまうのか?

ロイヤリティが70%になったり、アマゾンサイト上で無料配布ができるようになったり …

著者ページのトップ画像
アマゾン著者ページが一新!写真と表紙が見やすくなりました。

またまたアマゾンサイトがアップグレードされましたので、そのご案内を。 今回のアッ …

Kindleforiphone
Kindle端末が無くても電子書籍を楽しめる

Kindle本をこれまで読んだことが無い方、もしくは、電子書籍に詳しくない方の中 …