Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

アマゾンKDPにてCreate Spaceは、日本では未だ使えないとのこと

      2019/01/31

KDP著者の方には、先日の深夜、アマゾンから『Create Space』の利用を促す英語のメールがあったかと思います。

※ご案内文はこんな文章でした。

タイトル:Did You Know That You Can Reach More Readers by Putting Your Title into Print with CreateSpace by Amazon?

Hello from all at Kindle Direct Publishing!
We’re writing to let you know that you can reach more readers this year by publishing your title in print with CreateSpace by Amazon. Many authors are gaining more readers by offering a print version of their book, and we don’t want our members to miss out on knowing about the full range of opportunities available to those publishing through Amazon.
It’s free to make your title available to millions of readers around the world and, as many readers still prefer print books to digital, you have the opportunity to maximize your reader base by offering your book in both formats. Your work is printed according to demand, which means you have no up-front costs and there’s no need to carry inventory. You simply upload your title, set your list price, and earn royalties on every sale…(以下、省略)

このタイトルと本文を見ると、日本でも、この『Create Space』というサービスを利用すれば、電子書籍を紙の書籍として簡単に販売できると思ってしまいます。

しかし、Create Spaceのサイトにアクセスしてみると、完全な英語サイトですし、本当に日本でも使えるのかな?と、ちょっと疑問に思いましたので、念のため、この件についてアマゾンに確認してみました。

日本のアマゾンでは未対応とのこと

結論を申し上げますと、Create Spaceのサービスは、現在日本では提供していないとのことでした。(残念ながら、今回の案内文は、オペレーションミスのようです。)※ただし、海外のマーケットには利用可能とのことです。

ご参考までにアマゾンからのご回答を記しておきます。

Kindleダイレクト・パブリッシングをご利用いただき、ありがとうございます。
この度は、当社からのご案内に不明瞭な点があり、ご迷惑をお掛けしておりますことをお詫び申し上げます。

大変申し訳ございませんが、Create Spaceのサービスは、現在日本では提供しておりません。
Create Space を使用しての海外での印刷版の本の販売を希望しない場合、このままお手続きを終了いただきますようお願いいたします。

日本以外のマーケットプレイスを対象に、お客様の本の印刷版の本の販売をご希望の場合、そのままお手続きを進めていただけます。
Create Space の登録に関し、ご不明な点がございましたら、以下のリンクよりCreate Space担当までお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。
なお、大変申し訳ございませんが、こちらは英語のみのサポートとなります。
https://www.createspace.com/pub/support/contact.contactus.do

このたびは、日本にてご利用いただけないサービスの案内が英語で送信され、お客様にご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫びいたします。
このたびの件は、担当部署へ報告のうえ、再発防止に努めてまいります。

ただ、これまで、海外でしかできなかったこと(たとえば、パソコン上で電子書籍を閲覧すること)など、海外で先行してできていることは、遅れて、日本でもできるようになっているので、いつか近い将来、電子書籍を紙にプリントアウトしたものが販売できるようになるかもしれませんね。

 - サポート

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

Amazonから届く封書の画像
アマゾンKDP著者に送付される『Foreign person’s U.S. source income subject to withholding』という謎の封書について

毎年3月になると、Amazonから英語の封書が届くことがあります。 この封書は、 …

よくあるご質問一門一答についての画像
KDPに関してよくあるご質問:一問一答集(全13問)

KDPシステムってわかりにくいことが多いですよね。 KDPセレクト?ロイヤリティ …

Kindle書籍の登録カテゴリーを変更する方法

Kindleストアには、さまざまなカテゴリーがあります。 アマゾンサイトは、この …

Kindle Unlimitedの画像
Amazon 電子書籍の定額読み放題サービス提供開始とKDP作家のメリットについて

新聞でも、WEBサービスでも、定期購読ってありますよね。 アマゾンKDPでも、読 …

アマゾンの商品説明文を記載する際のチェックポイント

WEB上にしっかりと書いておきたいのが、商品説明欄。 商品説明欄がおろそかだと、 …

特典として書籍紹介用カードをご用意させていただきました

電子書籍は、閲覧端末が増えたため、専用端末だけだった頃とは異なり、より多くの方に …

KDP著者視点から見るKindle Unlimitedのメリットとデメリット

2016年8月3日に、日本のアマゾンでも、Kindle Unlimitedという …

パソコンをいじる男性
【更新あり】KDP税に関するインタビューの入力方法(最新版)

※追記1:アマゾンKDPの管理画面の構成が変更されたため、この記事は、2018年 …

no image
KDPセレクトにて無料キャンペーンを実施する

このページでは、Amazon KDPセレクトの無料キャンペーンの設定方法をご紹介 …

楽天へ出版してみてわかったこと
楽天Kobo(KWL)へも電子出版してみてわかったこと|Kindleストア(KDP)との違い

楽天Koboでは、Kobo Writing Life(KWL)という出版サービス …