Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

KDPセレクトにて無料キャンペーンを実施する

      2019/01/31

このページでは、Amazon KDPセレクトの無料キャンペーンの設定方法をご紹介します。

Kidle書籍は、KDPセレクトの登録期間90日のうち、5日間だけ無料でアマゾン上で配布することができます。(90日間の契約更新後に、再度5日間の無料配布ができるようになります。)

このキャンペーン期間中に、書籍を多くの人に配り、書籍の知名度や内容のレビューを多くもらうなど、マーケティング活動を行うことができるのです。

ここでは、その具体的な設定方法をご紹介させていただきます。

本の無料キャンペーンのスケジュールを設定方法

KDP上の操作方法について画像を含めてご説明します。

1)KDPへログインする

まず、KDPへログインします。

Kindleダイレクトパブリッシングログインフォーム

kdp_0

2)本棚一覧画面にて、『KDPセレクト』の欄の≪キャンペーンの管理≫をクリックする

キャンペーン管理ボタンの場所

3)キャンペーンの選択ボタンをクリックし、『本の無料キャンペーン』を選択する

キャンペーンボタンをクリック

※クリックするとポップアップ画面が表示されるので、無料キャンペーンを選択します。

無料キャンペーンを選択

4)『新規にこの本の無料キャンペーンを作成する』をクリック

新規に無料キャンペーンを作成

5)無料キャンペーンの開始日と終了日を選択する

『開始日』の『終了日』の枠をクリックすると、カレンダーが表示されるので、それぞれの日程を選択します。

日時の選択

6)最後に、『変更を保存』でキャンペーンが作成されます。

変更を保存

※作成されたキャンペーンは、画面で確認できます。

キャンペーンの確認

以上で、キャンペーンの設定は完了です。

キャンペーンの開始時間について

無料キャンペーンの開始時刻は、太平洋標準時の午前0時となります。そのため、日本での開始時間は、午後5時ごろになります。午後5時ごろになりましたら、アマゾンサイトにて自動的に販売価格が0円となり、無料キャンペーンが開始されます。(※ただし、アマゾンシステムの遅延によっては、開始時間が延期される場合もあります。また、サマータイムの時期の場合は、キャンペーン開始時間が1時間早まり、日本時間で、午後4時開始となります。)

※こちらの無料キャンペーンをうまく利用して、書籍のアピールにお役立てください。また、無料キャンペーンを実施したあとは、メルマガやブログ、Twitter,Facebookなどで、ご友人や知人の方にキャンペーンをご案内してあげてください。

ご参考:無料キャンペーンについて(Amazonサイト)

 - サポート

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

KindleUnlimitedでダウンロードされた電子書籍のロイヤリティと既読数を確認する方法

KindleUnlimitedの読み放題サービスの登場により、これまでと比較する …

頭を抱えている女性の画像
Kindle本の表紙画像が変わらない!・・・でも焦らないで。

Kindle本の表紙デザインって素人くさいものも結構見かけますね。 いくら本の中 …

アフィリエイト
アフィリエイトのご案内(ご紹介報酬の獲得方法)

電子書籍出版代行サービスのアフィリエイト広告を開始させていただきましたので、その …

パソコンをいじる男性
【更新あり】KDP税に関するインタビューの入力方法(最新版)

※追記1:アマゾンKDPの管理画面の構成が変更されたため、この記事は、2018年 …

アマゾンの商品説明文を記載する際のチェックポイント

WEB上にしっかりと書いておきたいのが、商品説明欄。 商品説明欄がおろそかだと、 …

KDP著者へのアマゾンPrime Readingへのお誘いとその参加方法

大変嬉しいことに、この度、僕の電子書籍が、Prime Reading(プライムリ …

KDPの管理画面にてプレビュー画面がうまく表示できない場合の対処法

『プレビュー画面が表示されない。』と不安になる場合があります。 でも、安心してく …

no image
アマゾンから電子書籍のプロモーションのお誘いをいただいた件とその結果

以前、嬉しいことにアマゾンさんからKindle本のプロモーションのお誘いをいただ …

プレビューアーを起動
Kindle書籍のプレビュー方法

ここでは、Kindle書籍のプレビュー方法についてご紹介します。 1)下記のUR …

アマゾンKDPにてCreate Spaceは、日本では未だ使えないとのこと

KDP著者の方には、先日の深夜、アマゾンから『Create Space』の利用を …