Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

電子書籍を無料配布した方がいいケース|こんな場合は無料で配ろう!

      2019/01/31

人は無料が大好き。そして、価値があるものを無料で得られることはもっと好きです。

アマゾンの無料配布は、実は、結構使える販売戦略でもあります。なぜなら、無料で配布することで、アマゾンサイト上のおすすめ商品に掲載されたり、良い本であれば、アマゾンレビューがもらえるからです。

FREEの画像

電子書籍を出版したけど、なかなか販売数が伸びない。
でも、せっかく出版した本をもっと多くの方に読んでもらいたい!

こんな風に思う著者の方もいらっしゃると思います。

そんなときは、期間を決めて、“無料配布する”ということも、ぜひ一度、考えてみてください。

ここでは、無料配布をした方がいいケースについてお伝えします。

無料配布はもったいないこと?

『折角作った書籍を無料で配るなんて考えられない!』

と思われる著者の方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではありません。
(※今回の記事は、マーケッター視点でお話させていただきます。)

無料の威力について

人は、無料が大好きです。(私も無料なものはとても好きです。)

例えば、あなたにも、このような経験はありませんか?

  • たまたま手に入れた無料クーポンを使うためにお店に行ったことがある
  • スーツや靴を買う時に、1つ買ったら2つ目は無料。というキャンペーンを利用したことがある
  • ランチでお店を選ぶ際に、大盛り無料やドリンク無料を掲げている店を選んだことがある
  • 無料の景品がついているお菓子やジュースを選んだことがある
  • ネットで買い物をするとき、送料が無料になるからといって、必要以上の買い物をしたことがある

ちなみに、私は、これらのことに関して、すべて経験があります(笑)

このように、巷には、“無料なもの”があふれています。

そして、人は、無料(プレゼント等も含む)のものを手にしたとき、お得な気分がして、とてもいい気分になります。

大切なことなので、もう一度言います。

人は、無料が大好きなのです。

そして、これは、あなたの本の販売促進にも活用できるのです。(Kindle書籍を販売する場合も、無料配布は、ある意味書籍の販売のカンフル剤になることがよくあります。)

無料配布に向いているケース

ただし、何でもかんでも無料で配布していいのかというと、それもちょっと違います。

たとえば、Kindle本を無料で配布するときは、下記のような場合に効果的です。

  1. 現在、Kindle本の販売数がほとんど無い場合
  2. Amazonレビューをもらいたい場合
  3. 書籍はあくまでも本業の販売促進物である場合

上記のケース場合、電子書籍を無料で配ることは、とても有効なことだと思います。

現在、Kindle本の販売数がほとんど無い場合

この場合は、電子書籍を無料で配ることで、書籍販売のカンフル剤となることが多々あります。(手押し車を押すためにも、最初に一番力が必要です。そして、一度走り出したら、あとは結構楽になります。)

電子書籍の販売が、にっちもさっちもいかない場合は、まずは試しに、2,3日の無料キャンペーンを実施してみることをおすすめします。

Amazonレビューをもらいたい場合

書籍のレビューは、販売促進において、とても大切な内容になります。

レビューがまだ書かれていない場合は、まずは多くの方に配って、Amazonレビューを書いてもらうということも一つの手です。(その際、悪いレビューを書かれることもありますが、それはそれで仕方がないことです。人それぞれ意見が違いますので、悪いレビューを書かれることもありますし、その反対に良いレビューを書いてくれる人もいます。)

書籍はあくまでも本業の販売促進物である場合

これは、“何らかの事業を営んでいる方”が、Kindle本を出版した場合に有効な方法です。

書籍の出版は、ご自身の事業の周知のためにおこなっており、販売ロイヤリティよりも、むしろ、その後の読者との関係を重視している場合は、無料で配ってしまう。というのも一つの手です。

※たとえば、書籍の最後にご自身のホームページのリンクを張っておいて、まずは、きっかけとして書籍を読んでもらい、そのあと、ホームページに呼び込み、ご自身の商品・サービスをご紹介する。このような場合は、より多くの方に無料で配った方が効果的なことが多いです。

また、『とにかく自信のある本だから、まずは、多くの方に読んでもらいたい』とか、『自分の書籍は、どれくらいの影響力を持っているのか知りたい!』という熱い思いがある場合も、無料配布を試してみることは、とてもワクワクする経験になると思います。(※例えば、どんなワクワクがあるかは、最後に記載させていただいております。)

ちなみに、無料キャンペーンの実施方法は、下記の記事にまとめておりますので、ご参考にしてください。

KDPセレクトにて無料キャンペーンを実施する

(Amazonで無料キャンペーンを利用する場合は、KDPセレクトに登録している必要があります。KDPセレクトについてはこちら:これを読めば理解できる!KDPセレクトのまとめ)

ということで、ここでは、マーケティング視点から、無料の持つ威力と、Kindle本を無料で配布するケースについてご紹介させていただきました。

ぜひ、書籍の販売促進策のひとつとして、ご参考にしていただければ幸いです。

※私も、この度、2日間の無料キャンペーンを実施します。Amazon販売サイトこちら(期間:2014年6月7日~8日午後5時ころまでとなります。)

もし、宜しければ、書籍を“無料”でご取得ください☆

こちらのキャンペーンは、終了いたしました。多くの方にダウンロードいただきました。ありがとうございました。

※追記:2014/06/07

無料配布で著名人(堀江さん)と肩を並べる事ができました~☆彡(まー、こちらは無料ですけどね。)

堀江さんの本と川口の本

これは、ある意味冗談ですが、ただ普通に有料で販売するよりも、圧倒的に多くの方に知っていただけることができます。

 - キンドル本, モチベーション, 電子ブック

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

表の画像
電子書籍に表(TABLEタグ)が使えるか検証してみました

KDPのシステムって、かなりよくできているシステムなんです。 (たとえば、EPU …

電子書籍の販売促進(書籍の紹介文)
Amazonサイトの活用方法(電子書籍のご紹介)

EBOOKを作成してアマゾンサイトに出版したあとは、読者に本を買ってもらう必要が …

やるき漲るサラリーマンの画像
行動と学習とモチベーションのお話

やる気を燃やし続けることができれば、本当に人は、何でもできると思います。 やる気 …

パソコンを打つ女性の画像
電子書籍が台頭してきたが、書籍を書く(書ける)人はまだまだ少ない件について

文章を書くことって、誰でもできることなんですけど、それを書籍にまでするという実行 …

日本は電子書籍で遅れている?
日本は電子書籍で遅れている?

最近では、ようやく電子ブックのコンテンツも増え、また、端末もスマートフォンやタブ …

電子書籍の販売促進方法
電子書籍の販売促進方法について

電子書籍を出版された方が、次に行うのは、その書籍の販売促進です。現在、Kindl …

電子書籍のロイヤリティについて
電子書籍のロイヤリティについて

通常、紙の本を出版しようと思うと印税は、6%~8%と言われています。つまり、たと …

やる気を見せる
最後までやり遂げる!~続けるための3つのコツ~

継続するコツってないんですかね。 何でも継続することで力がつくし、続けることで見 …

Kindleストアに出版された後にやるべきこと

Kindle書籍が販売された後は、あなたの本を売り込まなければなりません。 「ア …

キンドルコンテンツ
Kindle対応コンテンツの爆発的増加

アマゾンは、今後も出版された紙の書籍を電子書籍化することを願っております。そのた …