Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

アマゾンのKindle端末のビジネスモデルについて

      2019/01/31

businessmodel_of_amazon

「Kindleとは、端末ではなくてサービスである。」

という有名な言葉があります。

現在、アマゾンでは、コンテンツの充実はもとより、カスタマーサポートまでかなり充実しています。

かゆいところに手が届くサービス提供をするAmazon

Kindleといえば、電子書籍の閲覧をまず初めに思い浮かべるかもしれません。ただ、キンドルは、ただ単に電子本を読むことだけにとどまりません。

しかも、アマゾンで購入する際に、IDなどはすべて設定済みで出荷されます。箱を開けたらすぐに使える簡単さもKindleの魅力のひとつです。

KindleFireの画像

Kindleは、紙の良さを残したままで、電子書籍を使いやすくするために考慮されつくしている端末です。(このような点はユーザーには好まれる点です)。

そして、アマゾンが、ユーザーに良質のサービスを提供することで、より多くのユーザーがKindleを購入してくれるようになります。(一時、Kindle端末は売ることに赤字になっていると言われていました。)ただ、赤字になってでもいいから、Kindleユーザーを増やすことを最重要項目に考えているのがアマゾンです。

ユーザーのことを第一に考えていながら、ビジネスをうまく回しているのがアマゾンの特徴です。そのため、今後も、世界一のオンラインストアのアマゾンは、電子書籍の販売においてもNo.1を取り続けることになりそうです。

Amazonがなんでこんなに強いのか?

なぜアマゾンがここまで強いのかというと、それは、これまでアマゾンが投資してきたからです。

自社の利益が赤字になってまでも、継続的にインフラをはじめ、さまざまなものに投資をしてきたため、どの企業も追いつくことができなくなりつつあります。

どの分野でもそうですが、一度、圧倒的ナンバーワンを獲得してしまうと、他の企業はその企業に太刀打ちができなくなります。

検索エンジンの分野では、グーグルが圧倒的No.1です。
電子書籍の分野でも、アマゾンがNo.1に輝くのは既に目に見えています。

これから、電子出版をしたいと思う方は、より利用者がいて、よりサービスが行き届くプラットフォームを選ぶ必要があります。もし、電子出版をしたいと思ったら、まずはアマゾンでの出版を考えることをおすすめします。

 - 端末

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

売れる電子書籍を作るコツ
売れるEBOOKを作るコツ

最初にはっきりとお伝えしておきますが、売れるEBOOKを作るのは大変です。 紙の …

最新のFireOS(5.1.4)では、Kindle本をSDカードに保存できるようになりました

KindleFireを利用されている方にとっては、とても嬉しいことが起こりました …

Kindle本を読む方法|初めて電子書籍をご利用される方へ

こちらの情報は、基本的には、電子書籍を初めて利用する方が、Kindle本を読むた …

amazon
圧倒的なブランド力を持つアマゾン

米国の書籍最大手のアマゾン社。 ご存じのとおり、もはや、書籍だけの販売だけでなく …

実は書籍になる!電子書籍制作のネタ・アイデア集

電子書籍を作りたいけど、何を書いたらいいのかわからない。と、思う方は多くいらっし …

電子書籍は紙の本より安く購入できる?
電子書籍は紙の本より安く購入できる?

通常、電子書籍は、紙の本よりも安いイメージがあると思います。これは、出版社がAm …

KDPPOD(ペーパーバック)書籍のプレビュー方法

ここでは、KDPPOD書籍(ペーパーバック)のプレビュー方法をご案内します。 大 …

Kindleの専用端末と汎用端末のお話

Kindle本を読むためのKindle端末は、大きく2つのタイプに分かれます。 …

地球にやさしい電子読書端末

Kindleは、グリーンなエコ対応の電子書籍端末です。今日は、電子書籍を薦めてい …