Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

Amazon 電子書籍の定額読み放題サービス提供開始とKDP作家のメリットについて

      2019/02/07

新聞でも、WEBサービスでも、定期購読ってありますよね。

アマゾンKDPでも、読み放題の定額サービスが開始されましたので、そのご紹介を致します。

Kindle Unlimitedの画像

先日、米国アマゾンにて、月額課金の電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』の提供を開始するとネット上のニュースで話題になりました。

Amazonが、驚愕の(と言ってよいだろう)サービスを提供しようとしているらしい。Kindle利用者に対し、60万もの電子書籍およびオーディオブックを月額9ドル99セントにて無制限に提供しようとするサービスだ。

アマゾン、電子書籍が定額で読み放題のキンドルを準備中?

そして、実際に、日本のAmazon KDPでも定額サービスに関するご案内が正式にありました。

▼Amazonからのご案内メール(一部抜粋)

Kindle読み放題プログラムのご紹介

本日は、新たに提供を開始するKindle読み放題プログラムについてご案内します。Kindle読み放題は、米国の読者向けの新しい購読サービスであり、KDPセレクトに本を登録している著者の皆様にとっては新たな収益の機会となります・・・

ということで、ここでは、今話題の新しいサービス『Kindle Unlimited』について、ご紹介させていただきます。

目次

  1. Kindle Unlimitedとは?
  2. ところで、KDP作家のメリットはあるのか?
  3. Kindle読み放題プログラムへの参加方法

1)Kindle Unlimited

まず最初に『Kindle Unlimitedって何?』ということなのですが、こちらの新しいサービスを簡単にご説明すると、約60万冊の電子書籍と2,000本のオーディオブックが、月額定額で読み放題になるサービスです。しかも、費用は、1ヶ月間で9.99ドル(約1,000円)で提供されます。また、初めての方には、初回特典として、30日間のトライアル期間も設けられており、初月は無料でサービスを試すことができます。

ちなみに、米国でのコマーシャル(YouTube)はこちら

ただし、残念ながら、こちらのサービスは、まだ米国(Amazon.com)ユーザーのみへのサービス提供となっており、日本での提供は、まだ未定となっています。(※日本では、出版業界の規制が厳しいため、導入にはかなりのハードルがありそうです。)

追記:2014年9月26日より、 Amazon.co.uk(イギリス)でも、Kindle Unlimitedプログラムの利用が可能になりました。
追記2:2016年8月3日より、とうとう日本のアマゾンでもサービス提供が開始されました!

2)ところで、KDP作家のメリットはあるのか?

さて、著者の中には、『本を無料で読まれてしまったら、著者である我々は困ってしまうのですが・・・』と思われる方もいるかと思いますが、そこは、さすがアマゾン。しっかりとKDP作家にも得があるようにプログラムされています。

と言うのも、Kindle Unlimitedでは、書籍がダウンロードされて、10%以上既読された時点で、著者に対しても、Amazonグローバル基金の分配金を、ロイヤリティとして支払ってもらえるのです。

※ちなみに、この分配金の支払い制度は、現在も日本で提供されている月に1冊 無料で読める『Kindleオーナー ライブラリー』の制度と同じで、2014年度7月の基金は“2億260万円”となります。

3)Kindle読み放題プログラムへの参加方法

『Kindle Unlimited』への参加方法は、非常に簡単です。

なぜなら、著者としてやるべきことは、『KDPセレクト』に参加するだけだからです。
※つまり、既に、KDPセレクトに加入している場合は、自動的にKindle Unlimitedへ登録されますので、特に何もする必要はありません。

※ご参考:Kindle読み放題(KU)プログラムで、自分の本を見つけてもらいやすくする

ということで、今日は、アメリカにてテストマーケティングとして始まった、Kindle Unlimitedという新サービスをご紹介させていただきました。

このサービスは、Amazonユーザーは、月額定額制で書籍を無制限にダウンロードでき、著者は、ユーザーに10%以上読まれたらロイヤリティが獲得でき、そして、アマゾンは、定額課金の売上を上げられるという、まさにWin-Win-Winの素晴らしいプログラムですね。

※是非、日本でも提供できるようになることをこころより期待しております。また何か進捗情報がありましたら、こちらのサイトでご案内させていただきます。

追記:2016年8月より日本でもKindle Unlimitedサービスが導入されました。
ご参考記事 → KDP著者視点から見るKindle Unlimitedのメリットとデメリット

 - サポート, ニュース

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

最適価格
KDPでまたまた新しい機能が実装されていたのでご紹介|KDP Pricing Support(Beta)

商売において、最も考えることの1つに、販売価格があります。 高すぎたら売れないし …

新聞の画像
アマゾンKindleストアにて、有名漫画雑誌が毎号自動的に配信されるサービスが開始されました

漫画ってひま潰しになっていいですよね。そんな漫画がKindleストアで無料配信さ …

新聞の画像
Kindle本の品質について9月20日より修正依頼が送られます

本日、以下の内容がアマゾンからご案内させれましたので、ご参考までにご紹介させてい …

出版後の電子書籍(Kindle本)のカテゴリを変更する方法|最新版

以前このブログでご紹介しておりました、“Kindle本のカテゴリ変更”の方法です …

著者セントラルの活用方法(動画とイベントの追加)

著者セントラルを最大限活用できていますでしょうか? 実は、Kindle本を出版し …

KDPの管理画面にてプレビュー画面がうまく表示できない場合の対処法

『プレビュー画面が表示されない。』と不安になる場合があります。 でも、安心してく …

STOPの画像
Amazonで電子書籍が販売停止になった時の対処法

販売されていた本が急に販売停止になってしまう。 KDP作家において、これほど恐ろ …

再ダウンロードの画像
Kindle書籍を再ダウンロードする方法

ここでは、電子書籍(Kindle書籍)の再ダウンロードの方法についてご紹介します …

Kindle本を3日間の無料キャンペーンにて、1000冊以上配布した方法

「せっかく、精魂込めて作った本を無料で配るなんてできない。」 そう考える著者の方 …

新聞の画像
Amazon KDP 太っ腹!一番読まれたKDP作家100名に賞金が支払われるらしい

アマゾンって結構気前がいいんですよね。 買い物の際の配達費を無料にしたり、格安な …