Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

個人の方も電子出版ができる時代

      2019/01/31



これからの時代は個人の方も、簡単に出版ができる時代になりました。あなたも、いつか自分の本を出したいと思ったことはありませんか?アマゾンKDPがオープンしたことによって、個人が簡単に書籍を出せる時代が到来しました。

自分の本を出して新しい活動を始めよう!

もし、あなたが、

  • 自分の知識を世の中に発表したい
  • 自分史を残したい
  • 自書を名刺代わりに使いたい
  • 新しい収入源がほしい

と、思うのであれば、本を執筆してみることを考えてみてはどうでしょうか?

自分の本を書くなんて、、、と思われるかもしれませんが、いまや、出版のハードルは下がりました。※ちなみに、本サービスを利用して、夢を叶えられた方も数多くいらっしゃいます。

サービス利用者の実績はこちら

自書というのは本当にかわいくて、愛くるしいものです。どんな人でも、人に自慢できる特技、誰にも負けない知識を持っていたりします。あなたしか持っていない知識や知恵を多くの方と分かち合うということは、あなたの人生を実りあるものにしてくれるはずです。もしかしたら、あなたの持っている知識を教えてあげることで、多くの人の手助けができるかもしれません。あなたの本を読んで、感動してくれる人がいるかもしれません。

出版を本業に活かそう!

また、電子本を出版して、本業に役立てている方も多くいらっしゃいます。

アマゾンサイトにKindle本を出版しているということだけで、あなたは周りに信頼してもらえるようになるかもしれません。他のライバルよりも、一歩も二歩も先をいく最先端のマーケティングを実施していることになります。

本を出すということは、お店を経営しているいる自営業の方はもちろん、個人の方にとっても、自分自身をブランディングするための素晴らしい方法です。

Kindle書籍の出版が、あなたの可能性を広げてくれるかもしれません。

たとえば、いま現在ブログをやっている方やメルマガを発行したことがある方、文字を書くことが得意な方は、これまでの知識をまとめて本を出すことも可能となりました。

※追記:2014.10.02

現在、Amazonサイトでは、個人様が出している本も多く見かけるようになりました。この分野は、これからもどんどん競争が激化してくることが予想されます。出版することは、これからもおすすめのブランディング方法ですが、今後は、本を出すことだけを目的とするのではなく、書籍の内容にも力を入れる必要があります。初版はあまり評判が良くなくても、書き続けることで、だんだんと書くスキルが身に付いていきます。せっかくやるからには、お客さんを喜ばせて、120%以上喜んでもらえるような本を書くようにしていきましょう。

 - 電子ブック

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

電子書籍は、格好の自己ブランディング構築手段

電子書籍を出版するメリットは、これまでご紹介してきた通り、副収入の獲得であったり …

電子書籍フォーマットが複数ある理由は?

現在、国内の電子書籍フォーマットは、「XMDF」や、「ドットブック」、「EPUB …

電子書籍出版元年
電子書籍出版元年

アマゾンのKindleストアがオープン 2012年10月にキンドルストアがオープ …

電子書籍を出版することは、ワクワクする体験となる

電子書籍を出版したいと思っても、なかなか前に進まない場合もあります。 その原因は …

電子書籍の販促用専用サイトを立ち上げる

販売促進・広告宣伝。 これは、企業においても非常に大切な仕事の1つです。 自分の …

一度購入した電子書籍は、いつまでダウンロードできる
一度購入した電子書籍は、いつまでダウンロードできる?

電子書籍は、電子データで提供されているため、一度購入したら、いつでもダウンロード …

電子書籍の保管場所
購入した電子書籍の保管方法は?

通常、電子書籍を購入した場合、クラウド上からいつでもダウンロードができるようにな …

Kindleストアで電子書籍を販売するまでの流れ

大まかな全体像をつかむことで、ものごとの進むスピードが上がります。 そのため、ア …

書籍と電子書籍の見え方の違い
紙の本と電子書籍の見え方の違い

大半の電子書籍は、紙の書籍を模範しています。 たとえば、表紙ジャケットがあり、紙 …

社長の画像
電子書籍を出版した著者の方は、自分を個人事業主と心得よう

セルフイメージという言葉を聞いたことがありますか? セルフイメージとは言葉の通り …