Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

Amazon著者セントラルへの登録と著者ページの編集方法のご案内

      2019/01/31

電子書籍を販売したあとは、著者ページに登録しましょう。

著者ページとは、著者が読者に情報を提供し、Amazonでの販売を促進するためのサービスです。

著者ページのサンプルはこちら

ここでは、Amazonの著者セントラルへのご登録方法と、そのページの編集方法をご説明します。

目次

そもそも、著者ページとは何かというと、Kindle本を出版した後に、著者の情報を掲載できるAmazon上のWEBページのことです。

以下、アマゾンからの抜粋

著者ページは著者ごとに作成されるページで、お客様がお気に入りの著者の情報や、お気に入りの著者の書籍を簡単に検索できます。著者ページには、作品一覧、著者略歴、著者写真のほか、「クチコミ」などが掲載されます。

実際には、下記のようにAmazonの販売ページ上に表示されます。

著者名をクリックすると、著者プロフィールを見ることができます。

著者名の表示部分

著者ページのサンプル

この著者ページを、しっかりと登録しておくことで、電子書籍の信頼性や信憑性が上がります。

まだ、著者ページに登録していない方は、かならず登録しておくようにしましょう。

著者セントラルに登録する

では、どのように著者ページに登録するのかというと、アマゾンの著者セントラルというサービスに登録することが必要になります。

【登録方法】

  1. 以下のURLより著者セントラルにアクセス
  2. ▼著者セントラルはこちら
    https://authorcentral.amazon.co.jp/

  3. 『著者セントラルに参加しませんか?』をクリックする
  4. サインイン

  5. AmazonKDPのアカウントを入力する
  6. ID,パスワードを入力

  7. 利用規約に同意する
  8. 利用規約の画面

  9. 著者名を確認し、『続ける』をクリックする
  10. 自分の名前を確認

  11. 自分の本を確認し、『私です』をクリックする
  12. Kindle本を確認

  13. 作品の作者であることを確認し、『私です』をクリックする
  14. 最終確認画面

  15. 登録しているメールアドレスに確認メールが届くので、メールからURLをクリックして登録手続きを完了させる
  16. メール送付確認画面

※以上で、著者セントラルへの登録が完了します。

著者ページの編集方法

続いては、著者ページの編集方法をご紹介します。

著者ページには、下記の項目を編集することができます。

  • 略歴
  • 写真
  • ビデオ
  • Twitter
  • イベント情報

上記のうち、略歴だけでも登録するようにこころがけましょう。

【編集方法】

  1. 著者セントラルにアクセス後、『プロフィール』をクリック
  2. 著者ページのプロフィール画面

    プロフィールをクリックすると、自分の著者ページの編集画面が開きます。

    ダッシュボード画面

    ※ここでは、略歴の編集方法をご案内します。

  3. 略歴欄の『経歴を編集』をクリック
  4. 補足説明

  5. 著者紹介文の編集画面がポップアップ表示されるので、自身のプロフィールを記載する
  6. 編集キャプチャ

    プロフィールの記載が完了したら、『著者紹介文のプレビュー』ボタンをクリックします。

  7. 内容に問題がなければ、『著者紹介文の保存』をクリック
  8. 保存キャプチャ画像

※以上で、著者ページの内容の編集は完了です。

上記の要領にて、他の写真やビデオ、Twitterなども編集が可能となります。

著者ページを編集されたい場合は、ご参考にしていただければ幸いです。

 - サポート, マメ知識

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

no image
著者プロフィールと売上レポートについての共有

これは、産みの苦しみを経験した著者しかわかりませんが、自分の本が売れることは、大 …

よくあるご質問一門一答についての画像
KDPに関してよくあるご質問:一問一答集(全13問)

KDPシステムってわかりにくいことが多いですよね。 KDPセレクト?ロイヤリティ …

時計の画像
Kindleストアに電子出版される時間帯について

キンドルストアで販売される時間帯って決まってるの? どれくらいの余裕を持って申請 …

KDP著者視点から見るKindle Unlimitedのメリットとデメリット

2016年8月3日に、日本のアマゾンでも、Kindle Unlimitedという …

ワイヤレスでシンクロするKindle本
ワイヤレスでシンクロするKindle

ご存知の方も多いと思いますが、Kindle端末には、AndroidやiPhone …

海外在住の方がAmazonで電子書籍を購入・販売するときのご注意点

今は、インターネットの発達により、海外にいながら、日本のKindle本を買う。も …

パソコンをいじる男性
【更新あり】KDP税に関するインタビューの入力方法(最新版)

※追記1:アマゾンKDPの管理画面の構成が変更されたため、この記事は、2018年 …

amazon.kindleトップページ
キンドルで読書をする人は、kindle.amazon.co.jpというサイトも利用してみよう!

「キンドル本をパソコンでも読みたい!」 キンドルストアが日本に登場して以来、その …

アマゾンKDPにてCreate Spaceは、日本では未だ使えないとのこと

KDP著者の方には、先日の深夜、アマゾンから『Create Space』の利用を …

パソコンと女性の画像
書籍紹介用WEBページのご案内と活用方法について

電子書籍の販売促進にはさまざまな方法があります。 その中でも有効なのは、電子書籍 …