Kindle本の制作/作成と販売のコツ

電子書籍を出版したいと思ったときに読むブログ

Kindle書籍の魅力

      2019/01/31

Kindle端末の画像

Kindle端末やスマートフォンで、読書を楽しんでいる方も多くいると思います。いつでも、どこでも端末さえあれば、本を何千冊を持ち運びできることは、読書が好きな方ならだれでも、その便利さを実感できると思います。(私もいま、本は、電子書籍で読む場合と紙の本で読む割合は半々くらいになってきました。これまで、紙の本が大好きでしたが、やはり、利便性を考えると、電子本も素晴らしいと思います。)

ということで、今日は、Kindle書籍の魅力についてお話します。

携帯性と便利性

Kindle書籍は何と言ってもその携帯性と便利性で優れています。いつでも、どこでも端末さえあれば、本を何千冊を持ち運びできることは、読書が好きな方ならだれでも、その便利さを実感できると思います。Kindle書籍などの電子書籍は、紙の本と同様に、余白にメモ書きしたり、ラインマーカーを付けたりすることができます。また、ブックマーク機能を使えば、しおりを使う要領で、好きなページをマークすることもできます。あるいは、読書中に、あなたが書き込んだ情報すべてを記憶し、読書メモをはじめとする情報を内部情報に保存することもできます。

この機能があれば、普通の紙の文書と同じように、役立った情報や気になった部分をマークでき、紙の文章以上にすばやく該当箇所をすぐに見つけられるようになります。なんと、便利な機能が搭載されていることでしょう。

DRM(Digital Rights Management)について

でも、自分の書いた書籍内容は、しっかりと守ってくれるのか?(勝手にコピペされて、流通してしまはないか?)と、心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、そのあたりは、さすがアマゾン。しっかりと考えられています。

Kindle書籍はDRM(Digital Rights Management)という技術で、コンテンツが保護されています。この機能により、作者の著作権もしっかりと守ってくれているのです。

その他の便利な機能

本を開いた画像

Kindleでは、自分のKindle本であれば、どの部分でも自由にクリッピングができます。紙の余白に書き込みするのと同じで、メモ書きしたり、ラインマーカーを付けたりすることができます。ブックマーク機能を使えば、しおりを使う要領で、好きなページをマークすることもできます。Kindle端末は、読書中に、あなたが書き込んだ情報すべてを記憶し、読書メモをはじめとする情報を内部情報に保存することもできます。

この機能があれば、普通の紙の文書と同じように、役立った情報や気になった部分をマークでき、紙の文章以上にすばやく該当箇所をすぐに見つけられるようになります。

しかも、情報の同期機能も保持しているため、複数の端末を持っているユーザーにも配慮されています。ワイヤレスでシンクロするKindle

読者の利便性と著者の保護。その両方をしっかりと考えられて作られているところが、Kindle書籍の特徴ですね。

Amazonのサービス力

キンドルを見る女性

Kindle端末が販売されたころ、アマゾンはKindle端末を販売する度に赤字になっている。という噂がよく流れておりました。Kindle端末は、アマゾンのキンドルストアを広めるためには、赤字をも覚悟のうえなのです。これほど、アマゾンは端末に力を入れています。

キンドルは、アマゾンの電子書籍販売サイト(キンドル・ストア)で購入した電子書籍を読むための専用ビューワーです。キンドルストアで購入した書籍は、iPhoneやiPad、Androidなどのスマートフォンやタブレット端末でも読めますが、専用のリーダーはキンドルです。

キンドルは、書籍を読むための専用リーダーですので、この端末があれば、欲しい書籍を検索し、本を購入し、すぐに本を読むことができます。電子書籍の購入には、別にPCやスマートフォンのように、インターネット回線を用意する必要はなく、キンドルに内蔵されている通信網を利用して、電子書籍をダウンロードできます。もちろん、この通信料は、どこかの通信会社に払う必要もなく、代金は、購入した電子書籍の代金だけです。月額基本料金もありません。さらに、iPhoneやiPadなどのスマートデバイスでも購入でき、どの端末で購入した電子書籍も、他の端末でも読めるようになります。

本当に利用者の都合をよく考えられて、作られています。

アマゾンは、「地球上で最も豊富な品揃えの小売店」「地球上で最もお客様を大事にする企業」を目指しております。

そして、電子書籍キンドルのサービスコンセプトは、「60秒以内でお客様に配送する」ということを目指しています。※確かに、アマゾンで電子書籍を購入すると、1分以内にダウンロードでき、本を読むことができます。

電子書籍はKindleのひとり勝ち状態

Kindle端末の画像

アマゾンのKindleストアで販売された電子書籍は、どのような人に読まれているのでしょうか?

まず、Kindle端末。Kindle端末は、2012年の11月から販売が開始され、これまで多くのバージョンUPをしてきております。Kindle端末は、Kindle本を読むだけの端末かというとそうではありません。上位端末は、Webサイトを閲覧できたり、PDFファイルも読むことができます。また、機種によっては、携帯電話のネットワーク(3G回線)に接続する機能が付いており、Kindle本をいつでも、どこでも購入し、その場で電子書籍を読み始めることができます。

また、AndroidやiPhone、iPadなどのスマートデバイスを利用しても、購入、ダウンロードができます。この他のスマートデバイスでも読める。ということが、Kindle本をここまで普及させた理由のひとつです。

いまや、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを持っている方は、非常に多くいるようになりました。このような潜在ユーザーが多くいたため、わざわざKindle端末を購入しなくても、すでに持っているタブレットでKindle本を購入できるということは、ユーザーにとっても著者にとっても、非常にありがたい話です。

ちなみに、Android版のスマートフォンやタブレットには、「Kindle」と言う無料アプリが用意されており、iPhoneやiPad用にも無料アプリが用意されております。※参考:Kindle書籍をスマートフォンで読む方法

また、日本ではまだ公開されておりませんが、パソコン用のKindle購読アプリもあります。※こちらのアプリも、近いうちに日本に公開される可能性が十分あります。

このように、アマゾンでは、端末を問わずにだれでも読めることが、Kindle本を広めた要因の一つです。また、一度購入した書籍は、どの端末でも読めるということも、ユーザーにとっては非常にメリットがあります。

このような機能面でもKindleは他のサービスより抜きん出ているため、電子書籍はKindleのひとり勝ち状態と言えるのです。

 - キンドル本

コメントはお気軽にどうぞ。(※お名前は仮名やペンネームでもOKです。また、コメントは管理人が確認後に公開させていただきます。)

  関連記事

Kindle本内のリンク先として、貼れるものと禁止されているもの

電子書籍は、紙の書籍ではできないことがたくさんできます。 その代表的なひとつが、 …

本を読む子供のイラスト
大人になってから分かる!最も投資対効果のいい勉強法

最も投資対効果がいい投資って何ですか? この質問に対して、「それは、自己投資です …

FREEの画像
電子書籍を無料配布した方がいいケース|こんな場合は無料で配ろう!

人は無料が大好き。そして、価値があるものを無料で得られることはもっと好きです。 …

Kindle本を読む方法|初めて電子書籍をご利用される方へ

こちらの情報は、基本的には、電子書籍を初めて利用する方が、Kindle本を読むた …

Kindle Reader Cloudの画像
ついに来た!パソコンでKindle本を読めるようになりました。

アプリケーションを使わなくても、パソコンでキンドル本を読める方法をご紹介させてい …

KDPのコンテンツガイドライン

何事もルールは大切です。 紙本の出版の場合は、出版社との契約があるように、例えネ …

新聞の画像
Amazon KDP 太っ腹!一番読まれたKDP作家100名に賞金が支払われるらしい

アマゾンって結構気前がいいんですよね。 買い物の際の配達費を無料にしたり、格安な …

Kindle本をWEBサイトに埋め込む方法
これは便利!出版したKindle本をWEBサイトに埋め込む方法

AmazonのKindle本は、無料で冒頭部分10%をダウンロードすることができ …

Kindleストアで電子書籍を販売するまでの流れ

大まかな全体像をつかむことで、ものごとの進むスピードが上がります。 そのため、ア …

超簡単!最新版のキンドル本を効率よくダウンロードする方法

Kindle本の欠点の1つに、再出版した電子書籍の再ダウンロードが面倒くさい。と …